ベンツ故障修理 車検整備 板金 |

マリオットマーキーズ ベンツ車検 ベンツ修理 東京 整備専門サイト
匠の技

メルセデスベンツ車検 故障修理専門工場

お問い合わせ
ボッシュカーサービス
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
ベンツ車検 修理専門店・マリオットマーキーズ

AMG CLSクラス修理費用一覧

TOP > ベンツ修理費用一覧

1 テスター診断 ¥6,600~ 7 ラジアスアーム交換 ¥7,700~
2 Fベルト交換 ¥3,960~ 8 Rブレーキパット交換 ¥5,060~
3 エアエレメント交換 ¥3,960~ 9 Rブレーキローター交換 ¥8,800~
4 オルタネーター交換 ¥13,200~ 10 Fブレーキパット交換 ¥5,060~
5 ロアアーム交換 ¥44,000~ 11 Fブレーキローター交換 ¥13,200~
6 ナックルボールジョイント交換 ¥38,500~ 12 ブレーキオイル交換 ¥9,460~

※税込表示 工賃価格です。

ベンツ AMG CLS 63の概要

2005年に登場したモデルです。当初はエアサスペンションの搭載とAMG専用のブレーキが装備されました。後にCLS55は無くなり、CLS63に変更、新開発のエンジンが搭載されました。基本メンテナンスは、やはり足廻りの経年劣化は避けられないでしょう。加速と強力なブレーキで有るため消耗品の交換頻度も通常のモデルと比べると早いです。システムは最新デバイスですので、専用テスター及び知識のない工場では修理対応は出来ません。

No.254 メルセデスベンツ CLS W219 350 エンジン警告灯 点灯

  • メルセデスベンツ CLS W219 350 エンジン警告灯 点灯
  • メルセデスベンツ CLS W219 350 エンジン警告灯 点灯
  • メルセデスベンツ CLS W219 350 エンジン警告灯 点灯
  • メルセデスベンツ CLS W219 350 エンジン警告灯 点灯
エンジン警告灯 点灯
エンジン警告灯が点灯したとの事で入庫いただきました。 テスターにて故障メモリを確認します。 1.エアポンプ 2.カムセンサー 3.各シリンダーミスファイア 上記のエラーの入力があり、実測値を点検しながら本当に故障しているのかを判断していきます。 点検の結果、今回は3ヶ所に原因がありましたが、もしかしたら前から警告灯は点灯しており、その時に修理しておらず故障が重なっていたのかもしれません。 同時に故障は考えにくいので・・・。1つずつ解消しエンジン警告灯表示も解消されました。

No.234 ベンツ CLS(W219)エンジンオイル漏れ、異臭

  • ベンツ CLS(W219)エンジンオイル漏れ、異臭
  • ベンツ CLS(W219)エンジンオイル漏れ、異臭
  • ベンツ CLS(W219)エンジンオイル漏れ、異臭
エンジンオイル漏れ、異臭
メルセデスベンツのV型6気筒(272)エンジンでは定番箇所のオイル漏れ、エンジン裏側のメクラとバキューム部からの漏れです。室内で外気設定にしていますとオイルが焦げたような異臭がする場合があります。オイル漏れは車両火災にもつながりますし、徐々にオイルが減る原因にもなります。今回の場合は外に居ても異臭が確認できました。普段見えづらい箇所にもなりますが点検時にはしっかりチェック致します。

No.206 ベンツ CLS 550 W219 ハンドルを切ると足回りから異音

  • ベンツ CLS 550 W219 ハンドルを切ると異音
  • ベンツ CLS 550 W219 ハンドルを切ると異音
  • ベンツ CLS 550 W219 ハンドルを切ると異音
  • ベンツ CLS 550 W219 ハンドルを切ると異音
ハンドルを切るとキコキコと車両前側から音がするとの事です。
まずロードテストをし現象確認をします。異音は人によって様々ですので、異音確認にはしっかりと時間をかけます。異音が確認できたため、リフトアップして考えられるポイントをチェックしていきます。今回ナックルボールジョイントのブーツが破損しグリスが切れジョイントにガタが出ており、こちらが異音の原因でした。ナックルボールジョイントを交換し、異音が発生しないか確認をして作業完了です。

【ベンツ動画技術ファイル】メルセデスベンツ CLS W219 足廻り異音修理

車検整備でご入庫された車輌になります。車検と同時に走行中の異音修理もご依頼頂きました。 走行テストや各部足廻り点検を行い、原因を特定しました。 フロントアッパーアームのボールジョイントにガタが出ており、異音を発生させていました。 正常な部品との対比をご覧下さい。

No.185 CLSクラス W219 エンジン修理

  • ベンツCLSクラスw219エンジン修理
  • ベンツCLSクラスw219エンジン修理
  • ベンツCLSクラスw219エンジン修理
チェックランプが点灯し、エンジンのかかりが悪いとの修理依頼です。
早速診断を進めていきます。まず現状を確認していきましょう。たしかにエンジンが掛かるまでかなりの間、クランキングしないとエンジンが掛からない状態です。これではスターターの寿命も縮まってしまいそうなくらいですね。メルセデス専用テスター『DAS』にて実測値等を確認していくと、今回の原因は『クランクシャフトポジションセンサー』であることがわかりました。W219のクランクセンサーはちょうどエンジンとミッションの繋ぎ目の上側にあり、やや手間がかかります。 交換後は症状の改善確認、試運転をし作業完了です。

No.153 CLSクラス W219 CLS55AMG A/T異常修理

  • ベンツ CLSクラス W219 A/T異常修理
  • ベンツ CLSクラス W219 A/T異常修理
  • ベンツ CLSクラス W219 A/T異常修理
  • ベンツ CLSクラス W219 A/T異常修理
走行中にA/Tが変速せず、警告灯が点灯するとの修理依頼です。
まずはDASにてテスター診断実施です。ECU内には目標としているギアに入れる事が出来ないとのエラーが。この時点で電気的故障は薄いと考え、A/T内部の機械的な部分に当たりを付けて診断を進めていきます。車両をリフトアップしてみるとまず尋常じゃないほどのA/Tオイル漏れが見つかり、更にA/Tオイルパンを外すと大量のスラッジが混入していました。 オイル漏れもスラッジがパッキンを痛めつけて起こしていたようです。こうなってしまうとA/T内部全てにスラッジが廻り、各クラッチで焼き付きや滑りを引き起こしているので単体での修理は不可です。フルオーバーホールかA/T載せ替えのどちらかになってしまいます。今回は手頃な中古がタイミング良くありましたので中古A/Tと乗せ換えにて修理を行いました。

No.146 CLSクラス W219 CLS500 エンジンオイル漏れ修理

  • メルセデスベンツ CLSクラス エンジンオイル漏れ修理
  • メルセデスベンツ CLSクラス エンジンオイル漏れ修理
  • メルセデスベンツ CLSクラス エンジンオイル漏れ修理
  • メルセデスベンツ CLSクラス エンジンオイル漏れ修理
オイル漏れにて修理依頼です。
リフトアップし診断開始です。アンダーカバーを外し漏れ個所を確認していきます。今回はエンジンからのオイル漏れで複数個所から漏れています。漏れ個所を断定し、そこから整備プランを練ります。漏れ個所の状態や箇所などを加味し今回はエンジンを一度降ろして作業を行うことにしました。メインで漏れていたオイルパン上段以外にも複数漏れ個所がありましたのでエンジン単体の状態で一気に整備を行いました。
不良個所を一掃できましたので今後もコンディション良くお乗り頂けると思います。

No.141 CLSクラス W219 CLS55バッテリー警告灯点灯シテイコウジョウデ

  • CLSクラスw219警告灯
  • CLSクラスw219警告灯
  • CLSクラスw219警告灯
  • CLSクラスw219警告灯
メーター上にバッテリー警告灯が点灯しているとの修理依頼です。
メーターセンターの液晶にバッテリーマークと「シテイノコウジョウデテンケン」と表示が出ています。DASにてテスター診断実施します。W211、W219型はメインとサブ2つのバッテリーを協調制御し通常時から緊急時までカバー出来るように設計されています。テスター上でエラーを確認し、原因と思われるリレーをテスターにて強制作動させながら実測値を測定、原因を詰めていきます。 今回は予想通り制御用のリレー不良とそれに伴いサブバッテリーの劣化が判明しました。それら2つを交換して作業完了です。

No.112 CLSクラス W219 チェックエンジン警告灯点灯

  • CLSクラス W219
  • CLSクラス W219
  • CLSクラス W219
エンジンチェックランプ点灯にて修理依頼です。
まずはDASにてテスター診断実施です。エンジンECUにはミスファイヤ、混合気制御、O2センサーなどのエラーが入力されていました。どれも原因に直結するエラーではないのでこれらの情報を元に実測値やアクティブテストで原因を絞り込んでいきます。診断の結果原因はエアマスセンサーの特性ずれでした。吸気通路内に設けられエンジンに入ってくる空気の量を測定しているセンサーです。今回はセンサーを交換してテスターにて数値とエラーが変化しているのを確認して作業完了です。

No.079 W219 エンジンオイル漏れ修理

  • ベンツ故障修理事例
  • ベンツ故障修理事例
  • ベンツ故障修理事例
  • ベンツ故障修理事例
オイル漏れにて修理依頼です。
早速車両をリフトアップし点検開始です。オイル漏れのご依頼でしたのでやはり漏れとしては重症で、アンダーカバーがビショビショになっています。今回は定番のリアクランクシールからのオイル漏れがメインでした。他車種でもご紹介していますがミッションを降ろしての重整備になります。

その他の車種別修理事例はこちら

ベンツ修理 ベンツ車検 各種お問い合わせ

ベンツ輸入車専門マリオットマーキーズ
  • LINEでお問い合わせ
  • MAILでお問い合わせ
  • TELでお問い合わせ

ベンツ車検

ベンツ修理

板金修理 塗装

点検

マーキーズについて

その他のサービス

「Gクラスを知り、Gクラスを楽しむ」

専門誌「G-CLASS PERFECT BOOK」にマリオットマーキーズが紹介されました!

各種お問い合わせ

ご連絡先

●お名前※
●ふりがな※
●電話番号※
●メールアドレス※
●お問い合わせ内容※




お問い合わせ内容詳細

※点検前のお見積もりはお答えできません。
※入庫前の部品のみのお見積もりはお断りさせていただいています。

お車について

車種名・グレード※
●こちらからのご連絡※