ベンツ車検

マリオットマーキーズ ベンツ車検 ベンツ修理 東京 整備専門サイト
匠の技

メルセデスベンツ車検 故障修理専門工場

お問い合わせ
ボッシュカーサービス
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
ベンツ車検 修理専門店・マリオットマーキーズ

TOP > ベンツ車検 > ベンツ整備技術ブログ

ベンツSクラス W220 車検整備&シフトレバー故障 点検 修理

マリオットマーキーズ整備ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日はベンツSクラス W220の車検整備をご紹介します。

車検整備の他にシフトレバーが時々パーキングの位置から動かなくなるというご依頼もお受けしましたので合わせて点検を行います。

まずは車検の点検ですが、車検取得の為、灯火類、エンジンルーム、下廻りを確認していきます。

W220は足廻りの部品に不具合が出やすいのですが、毎年メンテナンスをされている車両でしたので特に異常はなく、今回は汚れているエンジンオイル、ブレーキオイル、エアクリーナーエレメントの消耗品の交換をご提案させていただきました。

エアーエレメントがけっこう汚れていますね。

次にご依頼を受けたシフトレバーの点検です。

まずは症状の確認から行います。
シフトレバーをPの位置から動かそうとするとブレーキペダルを踏んでいても、シフトが引っ掛かりシフトレバーが動かない時があります。シフトロックの解除がうまく出来ていないようです。
ブレーキスイッチには問題がありませんでしたので、おそらくシフトレバー本体のどこかに不具合がありそうです。

原因を特定するにはシフトレバーを外して分解する必要があります。

早速外していきます。

センターコンソールを外して

シフトレバーが外れましたので分解して点検します。

実際に動かして動作確認をしたところシフトロックを解除するソレノイドがうまく作動しておらず、シフトロックが解除できていないことがわかりました。

シフトレバー本体での交換が必要になる為、お客様にご相談させていただき交換となりました。

交換後は症状が改善し、シフトレバーがスムーズに動くようになりました。

今回のように弊社では車検整備の他にも気になるところがありましたら一緒に整備可能ですので、何かあればぜひご相談ください。

ベンツ CL 500(w215) ABC警告灯点灯 点検 故障 修理

マリオットマーキーズ整備ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回のご依頼はベンツCL ABC警告灯が点灯するとのことでご入庫いただきました。

ベンツ警告灯点灯点検修理

ベンツのABCは油圧で乗り心地を変えられる画期的な機能ですがそこが弱点となってしまっており定番故障になってしまいました。

まずは車両の確認から行っていきます。
車高は下がっていないので酷いオイル漏れ等は無いような感じです。

ポンプ廻りや各部サスペンション部分の点検を行い、ポンプ廻りに少し滲みがありましたが警告灯が点灯するほどのオイル漏れではないので次にテスターにてABCポンプの発生圧力をチェックします。
ABCポンプは最高200bar発生するのですが車両についているポンプでは圧力があまり上がらず、保持もできないような状態でしたのでABCポンプ故障と判断し、お客様へ説明したところご了承頂けたので作業を行います。

ベンツ警告灯点灯点検修理

エンジンルーム向かって右側にあるABCポンプはパワーステアリングポンプと一体になっており同時に交換となります。
一体とは言え規定圧力が違うので回路やリザーブタンクもそれぞれ分かれています。
まずはポンプを外すスペースをつくるために電動ファン、ベルトを外していきます。

ベンツ警告灯点灯点検修理

ベンツ警告灯点灯点検修理

ベルトが外れたらポンプ周りのパイプやホースを外し、ポンプ本体を取り外します。
ポンプ交換には結構時間がかかりますが外すものを外せば取り出すのは簡単です。

ベンツ警告灯点灯点検修理

ベンツ警告灯点灯点検修理

エンジンルームをきれいにしてから取り付けていきます。
取り付け後パワーステアリング側、ABC側のエア抜きを行い、故障メモリーを確認後問題なければメモリーを消去、試運転を行います。

漏れが無いこと、作動に問題が無いことも確認できたので完了となります。

ABCの警告灯がついた事が有るけどたまに点灯するくらいだから…と放置していた場合いざという時に走行不可能になってしまう事もあります。
弊社ではベンツ専用テスターで点検する事が可能ですのでABC関連で不安な事がありましたらまずはご相談ください。

ベンツ Eクラス W211 ボディ 振動 点検診断 エンジンマウント交換 故障 修理

マリオットマーキーズベンツ整備ブログをご覧いただきありがとうございます。

エンジンマウント交換

本日ご紹介するのはメルセデスベンツW211のエンジンマウント交換です。
エンジンをかけるとボディーが振動するということでご入庫いただきました。

早速症状の確認をすると、エンジンをかけた際にアイドリングでボディーにすごい振動が伝わってきます。
このW211はガソリン車でV6エンジンが搭載されているのですが、室内に乗っているとディーゼルエンジンのトラックに乗っているかのような音と振動を感じます。

アクセルを踏み込むとエンジンはキレイに吹き上がり、ミスファイア等もありませんのでエンジン本体に問題はありません。
こうなるとメルセデスベンツでは定番のエンジンマウント不良です。

エンジンマウントは車体とエンジンの間に装着されていてエンジンの振動を吸収し軽減してくれる部品です。
ゴムブッシュでできているので、エンジンの振動や重さで経年劣化すると振動を吸収する性能が低下して今回のような症状が起きてしまいます。

メルセデスベンツでは他のメーカーに比べてエンジンマウントの不良が多いです。

エンジンマウントの他にもミッションを支えるミッションマウントも劣化していたので、お客様にご説明させていただき、エンジンマウントとミッションマウントの交換となりました。

エンジンマウント交換

エンジンマウントの交換作業はエンジンとキャリアを切り離さなくてはいけない為、このようにエンジンをエンジンハンガーで支えます。

エンジンマウント交換

こちらがエンジンマウントなのですが、スペースがとても狭く取り外すのが大変です。

エンジンマウント交換

外れたエンジンマウントです。
左右ともすごく劣化していてブッシュの頭が潰れているのと

エンジンマウント交換

このようにマウントがちぎれていました。
取り付けはエンジンマウントの位置を確認し慎重に行います。

エンジンマウント交換

左右とも無事交換が完了しました。

ミッションマウント

エンジンマウント交換

続いてミッションマウントですが、こちらもこのようにだいぶ劣化しています。
左が新品の部品で、新品に比べるとブッシュが潰れてミッションを固定する部分が下がっているのがわかると思います。

エンジンマウント交換

ミッションマウントの交換も完了しましたので、
早速エンジンをかけてみると無事に不快な振動と音がなくなりました。

試運転を行って問題がありませんでしたので作業完了となりました。

メルセデスベンツではW211に限らず、今回のようにエンジンマウント不良が起きやすいです。最近エンジンの振動が大きくなった、音がうるさくなった気がするなどがあればエンジンマウント不良の可能性がありますので、ぜひ弊社へご相談ください。

ベンツ Eクラス W212 ブルーテック (ディーゼル) オイル漏れ 箇所 点検 修理

マリオットマーキーズ整備ブログをご覧いただきありがとうございます。
本日ご紹介するのはベンツEクラス(W212 E350)ブルーテックのオイル漏れ修理です。

ベンツEクラス(W212 E350)ブルーテックのオイル漏れ修理

オイル漏れでご入庫いただきました。
ブルーテックとはクリーンディーゼルの名称で、この車両にはディーゼルエンジンが搭載されています。
このエンジンは環境にも良く、高性能ではあるのですがガソリンエンジンに比べて部品点数が多くなり、何か部品交換を行う際に作業が大変になることが多いです。

それでは早速点検していきます。

ベンツEクラス(W212 E350)ブルーテックのオイル漏れ修理

リフトアップを行いアンダーカバーを外すと、すごい量のオイルが漏れており、エンジン後ろ側のエンジンとミッションの繋ぎ目とスターター裏辺りからオイルが漏れてきているのがわかりました。

ブルーテックのエンジンは定番のオイル漏れが二箇所あり、今回の車両ではその二箇所どちらからもオイル漏れが起きていました。

まずはリアクランクシールです。

ベンツEクラス(W212 E350)ブルーテックのオイル漏れ修理

マフラー、プロペラシャフトなどを外してミッションを下ろします。
その後、ドライブプレートを外すとリアクランクシールが確認できます。

ベンツEクラス(W212 E350)ブルーテックのオイル漏れ修理

予想通りリアクランクシールからオイルが漏れています。

ベンツEクラス(W212 E350)ブルーテックのオイル漏れ修理

こちらが新しいリアクランクシールで、古いものから対策されて形状が変わっています。

続いてスターター裏からのオイル漏れですが、こちらはエンジンVバンク間のオイルクーラーからのオイル漏れが原因で、オイルクーラーから漏れたオイルがバンク内の排出口から流れ出てきています。

ベンツEクラス(W212 E350)ブルーテックのオイル漏れ修理

このようにスターターを外すとわかりやすいです。
この場合、オイルクーラーのガスケットを交換する必要があります。

ベンツEクラス(W212 E350)ブルーテックのオイル漏れ修理

オイルクーラーにアクセスするにはエキゾーストパイプ、タービン、インテークポート等様々な部品を取り外す為、作業にはとても時間が必要になります。

ベンツEクラス(W212 E350)ブルーテックのオイル漏れ修理

ベンツEクラス(W212 E350)ブルーテックのオイル漏れ修理

この長方形の箱みたいなものがオイル漏れを起こしているオイルクーラーです。
オイルクーラーの周りにオイルが溜まっているのがわかると思います。

ベンツEクラス(W212 E350)ブルーテックのオイル漏れ修理

こちらがオイルクーラーのガスケットで、劣化でガスケットが硬化し、痩せていました。
エンジンのVバンク内は、熱がこもる場所なのでガスケット類が劣化しやすく、車両によってはこのようにオイル漏れを起こすことがあります。

組み付けは逆の手順で行い、オイルが付着している部品もあるので清掃しながら組み付けていきました。
組み付け後、念入りに試運転を行って問題がありませんでしたので作業完了となります。

W212ブルーテックではオイルクーラーのオイル漏れを放置してしまうと、クーラー上にあるインテークポートのシャットオフモーターもオイルが付着して故障してしまう可能性があります。その場合、吸入空気量を制御しているモーターですので、エンジンストールやアクセルを踏んでも加速できないといった症状がでます。
ですので、今回の車両に限らずオイル漏れが起きた場合は他のパーツにも不具合がでる可能性がある為、早期修理をおすすめ致します。

ベンツ Bクラス(W246)ウォーターポンプ交換 点検 修理

マリオットマーキーズベンツ整備ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日の整備はベンツBクラスW246型のウォーターポンプ交換です。

12ヶ月点検でご入庫頂き、点検時にウォーターポンプからのクーラント漏れが見つかりました。

こちらが点検時の写真です。
このようにリフトアップすると下廻りに冷却水が垂れてきているのがわかります。

このウォーターポンプからのクーラント漏れはW246型のBクラスでは定番になるのですが、FF車両でスペースがなくウォーターポンプのハウジングが大きいということもあり、交換作業はとても大変です。

それでは早速作業していきます。

この状態ではウォーターポンプが確認できないので
まずはインテークパイプ、エンジンマウントなど周辺に付いているものを外していきます。

これでようやくウォーターポンプにアクセスできます。

ここからウォーターポンプに接続される各ホースとタービン廻りのパイプを外して

ウォーターポンプを取り外すことができました。
ウォーターポンプの他に、ポンプ廻りのホースやOリングも交換させていただきました。

交換後は水廻りのホースを接続し、リークテスターにて漏れチェックを行いました。

部品を全て復元した後も念入りに走行テストを行って問題がありませんでしたので、作業完了となります。

走行距離が増えてくると、水廻りのトラブルが増えてきます。
大きなトラブルを防ぐためには定期的な点検やメンテナンスが必要です。

何か気になることがあれば、ぜひマリオットマーキーズにお問い合わせください。

メルセデス ベンツ Gクラス W463 SRS 警告灯 点検 修理

マリオットマーキーズ整備ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日の整備はベンツ gクラス(W463)のSRS警告灯修理です。

メーターにSRS警告灯が点灯したということでご入庫いただきました。

早速点検していきます。

メーターにはSRS警告灯が点灯しているのと、SRSシステム異常のメッセージが表示されています。

SRS警告灯はエアバックシステムに異常がある場合に点灯するのですが、SRS警告灯が点灯している場合は車検を通すことができません。
事故など万が一のことが起きた場合にエアバックが作動しないこともありますので早期の修理が必要です。

ベンツ専用テスターDASを車両に接続して診断すると、助手席の着座センサーのエラーが入力されていました。
このセンサーは助手席シートの下に装着されていて、助手席に人が乗っているかを検知しています。

助手席の着座センサーの故障はベンツでは定番ですが、念のため配線等に異常がないかを点検します。
配線等に異常がなくSRS警告灯点灯の原因が助手席の着座センサーと特定できましたので、お客様に説明させていただき交換していきます。

着座センサーはシート内に装着されているので、交換するにはシートを分解しなくてはいけないのでとても大変な作業になります。

クリップを取り外しシートカバーを剥がしてセンサーを交換します。
組み上げは革のシートカバーがシワにならないように慎重に行います。

センサー交換後、テスターにて故障メモリーを消去して作業完了となります。

今回は助手席の着座センサーがSRS警告灯点灯の原因でしたが、他にも原因となる故障は沢山あります。
エアバックは万が一のことが起きた時に身体を守るためにありますので、一緒に乗る人のためにも早期修理をお勧めします。
SRS警告灯だけでなく、何かお困りのことがあれば弊社にご相談いただければと思います。

メルセデスベンツ Gクラス W463 ゲレンデ ブルーテック(642エンジン)車検整備

マリオットマーキーズ整備スタッフブログをご覧いただきありがとうございます

本日はベンツ W463 Gクラス 車検整備のご依頼です。

まずは車検取得の為室内、灯火類、エンジンルーム、下廻りの点検を行います。
室内、灯火(ライト周り)では特に異常ありませんでした。

エンジンルームではエンジンオイル、エアクリーナーエレメント、A/Cフィルターが汚れていたのとベルトに細かいクラックか見られました。
他には特に異常有りませんでしたのでその他消耗品を提案させて頂き作業をしていきます。

オイルなどで汚れる前にワイパーやエアコンフィルター、エアクリーナーエレメント、オルタネータードライブベルトを交換していきます。

エアコンフィルターはW463の場合エンジンルームにあるので蓋を開け交換します。
今回の642エンジンはV型6気筒ブルーテック(ディーゼル)なのでエアクリーナーエレメントは左右両バンクに有ります。

エアクリーナーを交換した後はベルト交換をしていきます。
ベルトはエンジン前側です。その前にはタービンに接続されるインテークパイプ、クーラントアッパーホース等各部かなりのパイプ、ホースが有ります。
取り外し自体時間のかかる作業ですが何度も作業させて頂いているのでサラッと交換していきます。

ベルトの交換では取り付けた後、必ず各プーリーにしっかり掛かっているかを確認しエンジンの始動テストを行います。
もちろん確認は重要です。そうしないと切れてしまう恐れがあります。

油脂類の交換を行います。
更にこの車両はアドブルーを使用していますのでアドブルーの補充も行いました。
アドブルーの残量はメーターでサービスモードにする事で確認する事が出来ます。

試運転を行い作業完了になります。

弊社では重整備から軽整備まで行い様々な輸入車種の整備実績があります。
ベンツを始め輸入車の事で少しでも気になる事が御座いましたらまずはお問い合わせして頂ければと思います。

ベンツ Eクラス W211 M113エンジン 車検整備

マリオットマーキーズ整備ブログをご覧いただきありがとうございます。
本日はメルセデスベンツ Eクラス w211 m113エンジン 車検整備のご依頼です。

このM113は前型のM119エンジンの後継機型で前型が4バルブだったのに対し、
排ガス規制に対応するため排気側デュアルイグニッションと排気バルブが一本の3バルブ方式を採用した特徴的なエンジンになります。

早速車検取得の為の点検を進めていきます。
室内側ではワイパーの拭き取り具合やウインドーフィルムの確認、警告灯のチェック等を行います。

次にエンジンルームを上からチェックしていきます。

両バンクのタペットカバーからオイル漏れが確認できました。
漏れ具合は少し下に垂れてしまっている状況です。

次に下廻りの確認を行います。
ブーツ切れやブッシュ切れ、各部オイル漏れ、ブレーキパッド残量等の確認をしていきます。

下廻りには特に異常が有りませんでしたのでエンジンオイル交換などの消耗品交換、タペットカバーからのオイル漏れ修理がメインになります。

お客様にご説明させて頂き作業を進めます。

両バンクのタペットカバーガスケット交換ではそんなに多くの部品は外しませんが配線等が邪魔になります。
配線の被覆が硬化している場合があるので慎重に外します。

タペットカバーを取り外し、カバーガスケット交換、ブローバイケースのガスケット等も交換します。
両バンクシリンダーヘッド部分を清掃し、タペットカバーを組み付けていきます。
ボルトを締める前に鏡でタペットカバーガスケットが落ちていないか確認ができたら逆の手順で組みあげます。

交換が終わったら他の消耗品の交換、試運転を行い、オイル漏れがない事を確認して作業完了になります。
無事車検も取得しました。

M113エンジンではタペットカバーのオイル漏れはよく有ると思います。またこのエンジンもタペットカバー下にすぐエキゾーストマニホールドが有り、最悪の場合火災の原因にもなりかねません。
定期点検を行う事で防げるトラブルは沢山有りますのでぜひ一度弊社にお問い合わせください。

ベンツ Sクラス(W221 S550)冷却水漏れ 修理

マリオットマーキーズ整備スタッフブログをご覧いただきありがとうございます。

本日の整備はベンツ S550 W221の冷却水漏れ修理です。
クーラントタンク内のクーラントが減るということで入庫されました。

W221ではモデルによってV6、V8、V12エンジンが搭載されていますが、このW221はV8エンジンが搭載されています。
V8以上になるとエンジンが大きくなるため、エンジンルームのスペースがとても狭くなってきます。

早速点検を行っていきます。

ボンネットを開けクーラントタンクを確認すると、ご依頼通りタンク内のクーラント量が規定値より少ない状態でした。
おそらくどこからかエンジンの冷却水が漏れているのだと思います。クーラントのリークテスターを接続しクーラント回路に1.5barほどの圧をかけてクーラント漏れを特定していきます。

エンジン上部に水漏れが確認できなかったのでエンジンの下側から点検を行なう為、車両をリフトアップしてアンダーカバーを取り外すと前側のアンダーカバーにクーラントが垂れていました。
その上にはクーラントを冷却するためのラジエーターがあり、ラジエーターのサイドタンクからクーラントが漏れていることを確認できました。

W221では今回のようにラジエーターから冷却水が漏れてくる事例が多く、弊社でも何件か作業を行ったことがあります。
他の箇所にクーラント漏れは確認できなかったのでお客様にご説明させていただき、今回はラジエーターとラジエーターに接続されるアッパーホース、ロアホースの交換を行います。

W221のラジエーターの交換には各部ハーネス、フロントバンパー、エアコンコンデンサーなどを取り外していく必要がある為、とても時間がかかります。

フロント廻りをバラしていきようやくラジエーターが外れました。

新品のラジエーターを取り付け、逆の手順で慎重に組み上げ冷却水、エアコンガスを充填します。
最後に走行テスト、冷却水の水量チェックなどを行って問題がありませんでしたので作業完了となります。

今回はW221のラジエーターからのクーラント漏れでしたが、ベンツはW221に限らずラジエーターからのクーラント漏れが起きやすいです。
少量の漏れですと気づきにくい場合もあり、そのまま放置しておくと漏れが酷くなりエンジンオーバーヒートにつながりますので定期的な点検がとても大事です。

ベンツに限らず何か気になることがありましたら弊社へご相談下さい。

メルセデスベンツ Gクラス W463 G500 車検 よくある足回り整備

マリオットマーキーズブログをご覧頂き誠に有難う御座います。

ご入庫頂いたお車は、メルセデスベンツのGクラス W463(G500)です。
デザインが一新された新型モデルが発表され、ますます人気の高まるGクラス。

登場以来角ばった四角い形状が踏襲され長く親しまれているモデルです。
歴史のあるGクラスですから登録から10年以上経過しているお車も多くなっています。

Gクラスは、モデルによって搭載されているエンジンやミッションは違いますが足廻りの構成部品はどのモデルも共通となっている為、ウィークポイントは共通の場合が多いです。

gクラス車検タイロッドエンドブーツの破れ

法定24ヶ月点検を行っていくと、W463では定番の修理となっているタイロッドエンドブーツの破れがありました。

低年式のgクラス車検時によくある修理箇所

低年式のgクラス車検時によくある修理箇所

W463では、タイロッドエンドが計4か所取り付けられており、今回のお車は4か所全てブーツが破れている状態でした。
しかし、タイロッドエンドゴムブーツだけの単体部品供給が無く、更に前側に関してはタイロッドアッセンブリのみの部品供給となり、純正部品での修理作業は高額になってしまいます。
今回はお客様と打ち合わせを行い、OEM品での修理作業を行う事になりました。

低年式のgクラス車検時によくある修理箇所

こちらの棒状の部品がタイロッドになります。
タイロッドが左右のナックルと繋がっており、ハンドルを切る動作を左右同時に伝える為の部品ですのでハンドルを切ると常に負担がかかる部品です。
重量が2トンを超えている車ですのでより一層負担が掛かりやすい箇所です。

gクラス足回り修理

gクラス足回り修理

交換作業後、トーイン調整を行い車検を取得し作業完了です。

マーキーズでは、足廻り部品の修理作業以外にも、エンジンやトランスミッション、テスター診断、板金塗装等、多岐に渡って承っています。
お車の事で困った場合はお気軽にお問い合わせください。

ベンツ修理 ベンツ車検 各種お問い合わせ

  • LINEでお問い合わせ
  • MAILでお問い合わせ
  • TELでお問い合わせ

ベンツ車検

ベンツ修理

板金修理 塗装

点検

マーキーズについて

その他のサービス

「Gクラスを知り、Gクラスを楽しむ」

専門誌「G-CLASS PERFECT BOOK vol.7」にも掲載中!

各種お問い合わせ

お電話でのお問い合せはこちらから

各種お問い合わせフォーム

必要事項をご入力ください。(※必要事項)

板金画像添付フォーム

ご連絡先

●お名前※
●ふりがな※
●電話番号※
●メールアドレス※
●お問い合わせ内容※




お問い合わせ内容詳細

※点検前のお見積もりはお答えできません。
※入庫前の部品のみのお見積もりはお断りさせていただいています。

お車について

車種名・グレード※
●こちらからのご連絡※