ベンツ車検

マリオットマーキーズ ベンツ車検 ベンツ修理 東京 整備専門サイト
匠の技

メルセデスベンツ車検 故障修理専門工場

お問い合わせ
ボッシュカーサービス
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
ベンツ車検 修理専門店・マリオットマーキーズ

TOP > ベンツ車検 > ベンツ整備技術ブログ

メルセデス ベンツ Gクラス W463 SRS 警告灯 点検 修理

マリオットマーキーズ整備ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日の整備はベンツ gクラス(W463)のSRS警告灯修理です。

メーターにSRS警告灯が点灯したということでご入庫いただきました。

早速点検していきます。

メーターにはSRS警告灯が点灯しているのと、SRSシステム異常のメッセージが表示されています。

SRS警告灯はエアバックシステムに異常がある場合に点灯するのですが、SRS警告灯が点灯している場合は車検を通すことができません。
事故など万が一のことが起きた場合にエアバックが作動しないこともありますので早期の修理が必要です。

ベンツ専用テスターDASを車両に接続して診断すると、助手席の着座センサーのエラーが入力されていました。
このセンサーは助手席シートの下に装着されていて、助手席に人が乗っているかを検知しています。

助手席の着座センサーの故障はベンツでは定番ですが、念のため配線等に異常がないかを点検します。
配線等に異常がなくSRS警告灯点灯の原因が助手席の着座センサーと特定できましたので、お客様に説明させていただき交換していきます。

着座センサーはシート内に装着されているので、交換するにはシートを分解しなくてはいけないのでとても大変な作業になります。

クリップを取り外しシートカバーを剥がしてセンサーを交換します。
組み上げは革のシートカバーがシワにならないように慎重に行います。

センサー交換後、テスターにて故障メモリーを消去して作業完了となります。

今回は助手席の着座センサーがSRS警告灯点灯の原因でしたが、他にも原因となる故障は沢山あります。
エアバックは万が一のことが起きた時に身体を守るためにありますので、一緒に乗る人のためにも早期修理をお勧めします。
SRS警告灯だけでなく、何かお困りのことがあれば弊社にご相談いただければと思います。

メルセデスベンツ Gクラス W463 ゲレンデ ブルーテック(642エンジン)車検整備

マリオットマーキーズ整備スタッフブログをご覧いただきありがとうございます

本日はベンツ W463 Gクラス 車検整備のご依頼です。

まずは車検取得の為室内、灯火類、エンジンルーム、下廻りの点検を行います。
室内、灯火(ライト周り)では特に異常ありませんでした。

エンジンルームではエンジンオイル、エアクリーナーエレメント、A/Cフィルターが汚れていたのとベルトに細かいクラックか見られました。
他には特に異常有りませんでしたのでその他消耗品を提案させて頂き作業をしていきます。

オイルなどで汚れる前にワイパーやエアコンフィルター、エアクリーナーエレメント、オルタネータードライブベルトを交換していきます。

エアコンフィルターはW463の場合エンジンルームにあるので蓋を開け交換します。
今回の642エンジンはV型6気筒ブルーテック(ディーゼル)なのでエアクリーナーエレメントは左右両バンクに有ります。

エアクリーナーを交換した後はベルト交換をしていきます。
ベルトはエンジン前側です。その前にはタービンに接続されるインテークパイプ、クーラントアッパーホース等各部かなりのパイプ、ホースが有ります。
取り外し自体時間のかかる作業ですが何度も作業させて頂いているのでサラッと交換していきます。

ベルトの交換では取り付けた後、必ず各プーリーにしっかり掛かっているかを確認しエンジンの始動テストを行います。
もちろん確認は重要です。そうしないと切れてしまう恐れがあります。

油脂類の交換を行います。
更にこの車両はアドブルーを使用していますのでアドブルーの補充も行いました。
アドブルーの残量はメーターでサービスモードにする事で確認する事が出来ます。

試運転を行い作業完了になります。

弊社では重整備から軽整備まで行い様々な輸入車種の整備実績があります。
ベンツを始め輸入車の事で少しでも気になる事が御座いましたらまずはお問い合わせして頂ければと思います。

ベンツ Eクラス W211 M113エンジン 車検整備

マリオットマーキーズ整備ブログをご覧いただきありがとうございます。
本日はメルセデスベンツ Eクラス w211 m113エンジン 車検整備のご依頼です。

このM113は前型のM119エンジンの後継機型で前型が4バルブだったのに対し、
排ガス規制に対応するため排気側デュアルイグニッションと排気バルブが一本の3バルブ方式を採用した特徴的なエンジンになります。

早速車検取得の為の点検を進めていきます。
室内側ではワイパーの拭き取り具合やウインドーフィルムの確認、警告灯のチェック等を行います。

次にエンジンルームを上からチェックしていきます。

両バンクのタペットカバーからオイル漏れが確認できました。
漏れ具合は少し下に垂れてしまっている状況です。

次に下廻りの確認を行います。
ブーツ切れやブッシュ切れ、各部オイル漏れ、ブレーキパッド残量等の確認をしていきます。

下廻りには特に異常が有りませんでしたのでエンジンオイル交換などの消耗品交換、タペットカバーからのオイル漏れ修理がメインになります。

お客様にご説明させて頂き作業を進めます。

両バンクのタペットカバーガスケット交換ではそんなに多くの部品は外しませんが配線等が邪魔になります。
配線の被覆が硬化している場合があるので慎重に外します。

タペットカバーを取り外し、カバーガスケット交換、ブローバイケースのガスケット等も交換します。
両バンクシリンダーヘッド部分を清掃し、タペットカバーを組み付けていきます。
ボルトを締める前に鏡でタペットカバーガスケットが落ちていないか確認ができたら逆の手順で組みあげます。

交換が終わったら他の消耗品の交換、試運転を行い、オイル漏れがない事を確認して作業完了になります。
無事車検も取得しました。

M113エンジンではタペットカバーのオイル漏れはよく有ると思います。またこのエンジンもタペットカバー下にすぐエキゾーストマニホールドが有り、最悪の場合火災の原因にもなりかねません。
定期点検を行う事で防げるトラブルは沢山有りますのでぜひ一度弊社にお問い合わせください。

ベンツ Sクラス(W221 S550)冷却水漏れ 修理

マリオットマーキーズ整備スタッフブログをご覧いただきありがとうございます。

本日の整備はベンツ S550 W221の冷却水漏れ修理です。
クーラントタンク内のクーラントが減るということで入庫されました。

W221ではモデルによってV6、V8、V12エンジンが搭載されていますが、このW221はV8エンジンが搭載されています。
V8以上になるとエンジンが大きくなるため、エンジンルームのスペースがとても狭くなってきます。

早速点検を行っていきます。

ボンネットを開けクーラントタンクを確認すると、ご依頼通りタンク内のクーラント量が規定値より少ない状態でした。
おそらくどこからかエンジンの冷却水が漏れているのだと思います。クーラントのリークテスターを接続しクーラント回路に1.5barほどの圧をかけてクーラント漏れを特定していきます。

エンジン上部に水漏れが確認できなかったのでエンジンの下側から点検を行なう為、車両をリフトアップしてアンダーカバーを取り外すと前側のアンダーカバーにクーラントが垂れていました。
その上にはクーラントを冷却するためのラジエーターがあり、ラジエーターのサイドタンクからクーラントが漏れていることを確認できました。

W221では今回のようにラジエーターから冷却水が漏れてくる事例が多く、弊社でも何件か作業を行ったことがあります。
他の箇所にクーラント漏れは確認できなかったのでお客様にご説明させていただき、今回はラジエーターとラジエーターに接続されるアッパーホース、ロアホースの交換を行います。

W221のラジエーターの交換には各部ハーネス、フロントバンパー、エアコンコンデンサーなどを取り外していく必要がある為、とても時間がかかります。

フロント廻りをバラしていきようやくラジエーターが外れました。

新品のラジエーターを取り付け、逆の手順で慎重に組み上げ冷却水、エアコンガスを充填します。
最後に走行テスト、冷却水の水量チェックなどを行って問題がありませんでしたので作業完了となります。

今回はW221のラジエーターからのクーラント漏れでしたが、ベンツはW221に限らずラジエーターからのクーラント漏れが起きやすいです。
少量の漏れですと気づきにくい場合もあり、そのまま放置しておくと漏れが酷くなりエンジンオーバーヒートにつながりますので定期的な点検がとても大事です。

ベンツに限らず何か気になることがありましたら弊社へご相談下さい。

メルセデスベンツ Gクラス W463 G500 車検 よくある足回り整備

マリオットマーキーズブログをご覧頂き誠に有難う御座います。

ご入庫頂いたお車は、メルセデスベンツのGクラス W463(G500)です。
デザインが一新された新型モデルが発表され、ますます人気の高まるGクラス。

登場以来角ばった四角い形状が踏襲され長く親しまれているモデルです。
歴史のあるGクラスですから登録から10年以上経過しているお車も多くなっています。

Gクラスは、モデルによって搭載されているエンジンやミッションは違いますが足廻りの構成部品はどのモデルも共通となっている為、ウィークポイントは共通の場合が多いです。

gクラス車検タイロッドエンドブーツの破れ

法定24ヶ月点検を行っていくと、W463では定番の修理となっているタイロッドエンドブーツの破れがありました。

低年式のgクラス車検時によくある修理箇所

低年式のgクラス車検時によくある修理箇所

W463では、タイロッドエンドが計4か所取り付けられており、今回のお車は4か所全てブーツが破れている状態でした。
しかし、タイロッドエンドゴムブーツだけの単体部品供給が無く、更に前側に関してはタイロッドアッセンブリのみの部品供給となり、純正部品での修理作業は高額になってしまいます。
今回はお客様と打ち合わせを行い、OEM品での修理作業を行う事になりました。

低年式のgクラス車検時によくある修理箇所

こちらの棒状の部品がタイロッドになります。
タイロッドが左右のナックルと繋がっており、ハンドルを切る動作を左右同時に伝える為の部品ですのでハンドルを切ると常に負担がかかる部品です。
重量が2トンを超えている車ですのでより一層負担が掛かりやすい箇所です。

gクラス足回り修理

gクラス足回り修理

交換作業後、トーイン調整を行い車検を取得し作業完了です。

マーキーズでは、足廻り部品の修理作業以外にも、エンジンやトランスミッション、テスター診断、板金塗装等、多岐に渡って承っています。
お車の事で困った場合はお気軽にお問い合わせください。

メルセデスベンツ Eクラス(W212)E350ブルーテック(ディーゼル) 車検 オイル漏れ

マリオットマーキーズブログをご覧頂き誠に有難う御座います。
今回、ご入庫頂いたお車はメルセデスベンツのW212 E350ブルーテックです。
車検点検の他に、駐車場にオイル漏れの跡が出来るので見てほしいというご依頼も頂きました。

ブルーテックとは、ベンツのクリーンディーゼルの名称です。エンジン内部の改良によって排出ガスの生成を最小限に抑え、触媒のシステムにより問題になっていた黒鉛を99%除去するなど環境対策をしたディーゼルエンジンです。

特にメルセデスベンツでは独自のインジェクターと触媒コンバーターを用いており、排出ガスにアドブルー(尿素水溶液)を噴射してその熱反応によってアンモニアを生成して触媒を通過させ、害がない窒素と水に分解しています。

ブルーテックエンジン自体は高性能で燃費も良く、環境にも優しいのですがメンテナンス面で考えるとガソリンエンジンと比べて、部品点数が多く、何か故障があった時の作業等が少々大変になるケースもあります。

今回のE350でもガソリンエンジンでは付いていない部品等があるので外していく点数が多いです。

エンジンの後ろ側、エンジンとミッションの継ぎ目からオイル漏れが下記の写真になります。
通常であれば、リアクランクシールの交換を行うのですが、E350ブルーテックの場合他にも疑う箇所があります。
まさにこの車両はそこから漏れていました。


スターターモーターを取り外し、リアクランクシールよりも上側を点検するとオイルが垂れてきた跡があり、この場合はエンジンVバンク間にあるオイルクーラーからのオイル漏れが原因になります。

従来のエンジンであれば、インレットマニホールドを外せばアクセス出来るのですが、E350ブルーテックの場合は吸気側と排気側の位置が逆に設計されている為、アクセスするのにエキゾーストマニホールドやタービン等様々な部品を外さなければなりません。

オイルクーラー交換時に必要なガスケットやオーリングの見積もりを同時に行い、ホース類やパイプ類はお客様と打ち合わせを行い、再使用出来るものは再使用して修理費用を削減しています。

こちらが、オイル漏れを起こしていたエンジンのオイルクーラーです。
弁当箱のような形をした部品になり、周辺にはオイルが池のように溜まっておりました。

このオイルクーラー付近には、タービンへの吸入空気量を制御しているシャットオフモーターが取り付けられており、オイル漏れの影響で内部不良を起こしてしまいエンジン不調(エンジンストール)の原因になりますので、オイル漏れの早期修理が必要になります。

修理作業後、入念にロードテストを行い症状が改善している事を確認し作業完了となりました。
マーキーズでは、今回の様な重整備の他にトラブルシューティングや板金塗装等も行っておりますので、お車の事でお困りの場合お気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせは、電話、メールの他にラインでも承っております。

皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

メルセデスベンツ Eクラス W210(E280) 車検 故障オイル漏れ

マリオットマーキーズブログをご覧頂き誠に有難う御座います。

今回、ご入庫頂いたお車はメルセデスベンツのEクラスW210です。
走行中たまに焦げ臭い臭いがするという事で合わせて診て頂きたいとのご依頼をいただきました。

Eクラス W210(E280) 車検

点検を進めていくと、まずエンジンのヘッドカバーより早速オイル漏れを発見しました。リフトアップを行いアンダーカバーを外すと、アンダーカバーにエンジンオイルが溜まり池の様になっているのが分かります。
ヘッドからのオイル漏れが上から伝ってオイルパンに垂れアンダーカバーまで達しています。

Eクラス W210(E280) 車検
Eクラス W210(E280) 車検
Eクラス W210(E280) 車検

今回はオイル漏れの修理以外でエンジンのベルトテンショナーのガタ、スパークプラグやイグニッションコイルなどもかなり年数が経過しており、劣化していましたので合わせて交換しています。
部品は全て純正部品を使用するのではなく、純正のOEM品等を使用することでコストを抑えれる箇所は抑えています。

Eクラス W210(E280) 車検Eクラス W210(E280) 車検
Eクラス W210(E280) 車検

エンジンオイル漏れは、保安基準不適合になるだけでなく箇所によってはエアコンのコンプレッサーやオルタネーターにオイルが飛び散ってしまい、二次災害の危険性がありますので発見次第早期修理をお勧めしています。

マーキーズでは、高年式の車から低年式の車まで整備、車検が可能ですので先ずは一度お問い合わせください。
お問い合わせは、電話やメールだけでなくLINE公式アカウントでも承っております。

メルセデスベンツ Sクラス W221 (S350) オイル漏れ修理

マリオットマーキーズブログをご覧頂きありがとうございます。

今回、ご入庫いただいたお車はこちら!

sクラス s350車検

メルセデスベンツのSクラスW221(S350)です。車検でご入庫いただきました。

テスター診断を含めた法定24ヶ月点検を行うと、エンジンオイルフィルターのブラケット(土台)からのオイル漏れを確認しました。
この272エンジンでは定番の整備箇所です。ブラケットの下にはパワーステアリングポンプが付いており、ブラケットからのオイル漏れによってポンプ本体にダメージを与えてしまうケースがあります。

オイル漏れ

オイル漏れで茶色になっている箇所がオイルフィルターブラケットです。
先ずは、オイルフィルターブラケットのオイル漏れ修理作業を行っていきます。

このエンジンの場合外したい部品に直接アクセスする事が出来ない為サーモスタットやエアポンプ、Vベルト廻り等を外す必要があり手間のかかる作業となります。

今回はブラケット本体はオイルストーンで研磨して表面を整えてパッキンのみ交換にて対応して費用を抑えております。
またオイルフィルターブラケットには水冷式のオイルクーラーがついており、オイルクーラー取り付け部にもガスケットが組み付けられておりますのでこちらも同時に交換します。

交換作業後、エンジン冷却水が抜けましたのでのしっかりとエア抜き作業を行い、試運転後異常が無い事を確認し作業完了です。

オイル漏れは定番箇所ですが場所によっては目視では難しいところがあります。
駐車場に滴るほどのオイル漏れや煙がでる・・・という時は、オイル漏れがかなり進行している状態で危険です。

オイル漏れは2次被害を及ぼしてしまう可能性がかなりありますので車検点検時見つけましたら、しっかりと修理しましょう!

メルセデスベンツ Eクラス(W211) E280 車検でご入庫頂きました

マリオットマーキーズブログをご覧頂き誠に有難う御座います。

今回、ご入庫頂いたお車はメルセデスベンツのEクラス(W211)E280です。

ベンツ Eクラス(W211) E280 車検

特に気になるところは無いという事でしたが、隠れた故障や保安基準不適合な箇所が無いかを点検する為法定24ヶ月点検を実施いたしました。
W211の272エンジンではよくある箇所ではありますがシリンダーヘッドカバーよりオイル漏れを確認しました。

オイル漏れ

お客様に状況の説明と打ち合わせを行い修理作業を行います。

修理作業では、ヘッドカバーに取り付けられているブローバイホースを取り外して作業を行います。
経年劣化によりホースが硬化し、再使用するとオイル漏れの原因となる為ヘッドカバーガスケット交換時には同時交換が必要です。

交換部品
交換部品

交換作業後、試運転を行い症状が改善されている事を確認し作業完了となりました。

オイル漏れがあると車検も取得することができません。
今回w211の弱点であるヘッドカバーからのオイル漏れ修理を行い無事車検取得することができました。

EクラスW211もご愛顧いただくお客様も多くいらっしゃいます。
W211の整備実績も豊富なマリオットマーキーズへお任せください。

メルセデスベンツ Gクラス(W463)G500 車検 定番箇所故障修理

車検でご入庫頂きましたメルセデスベンツのGクラス(W463)G500です。

ベンツGクラスよくある車検修理箇所

デビュー時からスタイルが変わらず、今もなお人気のお車です。
車検という事ですので、早速テスター点検付 法定24ヶ月点検を行いました。
Gクラスもメルセデスベンツファミリーの一員。ベンツでは定番箇所のタイロッドエンドブーツに破れとエンジンリアクランクシールからのオイル漏れを確認しました。

ベンツGクラスよくある車検修理箇所

ベンツGクラスよくある車検修理箇所

タイロッド交換&オイル漏れを修理

Gクラスのタイロッドエンドはフロントの前側と後ろ側で部品構成が異なり、前側のタイロッドエンドは左右を繋ぐタイロッドAssyでの部品供給となります。

ベンツGクラスよくある車検修理箇所

次にリアクランクシールですが、シールの交換をするのにトランスミッションを外さなければなりません。
トランスミッションを降ろした後、ドライブプレートを外すとリアクランクシールにアクセスすることができます。

ベンツGクラスよくある車検修理箇所
ベンツGクラスよくある車検修理箇所
ベンツGクラスよくある車検修理箇所

作業後、ステアリングセンターの調整を行い異常が無い事を確認し作業完了です。

Gクラスも熟成が進みメンテナンスをすれば長く付き合える一台です。
定期交換はやはり値が張るものもありますが、ぜひ大切にしてあげてください。

ベンツ修理 ベンツ車検 各種お問い合わせ

  • LINEでお問い合わせ
  • MAILでお問い合わせ
  • TELでお問い合わせ

ベンツ車検

ベンツ修理

板金修理 塗装

点検

マーキーズについて

その他のサービス

「Gクラスを知り、Gクラスを楽しむ」

専門誌「G-CLASS PERFECT BOOK」にマリオットマーキーズが紹介されました!

各種お問い合わせ

お電話でのお問い合せはこちらから

各種お問い合わせフォーム

必要事項をご入力ください。(※必要事項)

板金画像添付フォーム

ご連絡先

●お名前※
●ふりがな※
●電話番号※
●メールアドレス※
●お問い合わせ内容※




お問い合わせ内容詳細

※点検前のお見積もりはお答えできません。
※入庫前の部品のみのお見積もりはお断りさせていただいています。

お車について

車種名・グレード※
●こちらからのご連絡※