ベンツ故障修理 車検整備 板金 |

マリオットマーキーズ ベンツ車検 ベンツ修理 東京 整備専門サイト
匠の技

メルセデスベンツ車検 故障修理専門工場

お問い合わせ
ボッシュカーサービス
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
ベンツ車検 修理専門店・マリオットマーキーズ

メルセデスベンツ 一覧

ベンツ車検TOP > ベンツ技術ファイル事例一覧 > メルセデスベンツ のタグ一覧

No.223 ベンツ Eクラス W211 E55 燃料漏れ

  • メルセデスベンツ Eクラス W211 E55 AMG 燃料漏れ
  • メルセデスベンツ Eクラス W211 E55 AMG 燃料漏れ
  • メルセデスベンツ Eクラス W211 E55 AMG 燃料漏れ
Eクラス W211 E55 AMG 燃料漏れ
室内にガソリンの臭いが充満しているという事でご入庫いただいたE55です。
原因を探る為、リアシートを脱着し燃料ポンプ周辺を点検していくと燃料ホースが破れ、ガソリンが漏れ出ていました。
この状態では、ガソリンの悪臭がするだけでなく車両火災の原因となり、非常に危険です。
今回は、周辺の劣化しているホースも同時に交換を行いました。交換後、症状が改善していることをしっかりと確認し作業完了です。

No.222 ベンツ Eクラス W212 ディーゼル エンジン警告灯

  • メルセデスベンツ W212 Eクラス エンジン警告灯
  • メルセデスベンツ W212 Eクラス エンジン警告灯
  • メルセデスベンツ W212 Eクラス エンジン警告灯
車検でご入庫頂きました、ベンツのEクラスW212です。
ディーゼルエンジンのモデルとなり、特有のトラブル事例も上がってきています。
今回は、エンジン警告灯が点灯しているということで法定24か月点検とは別に診断を実施致しました。
ベンツ専用テスターのDASでエラーコードを確認すると、アドブルーのプレヒーター内部にあるレベルセンサーのエラー入力がありました。
ディーゼルエンジンには、排気ガス中に窒素酸化物(NOx)が多く含まれており、大気汚染の原因や人体への悪影響を及ぼします。
NOxを浄化する為に必要になるのがアドブルー(尿素)となり触媒内部に吹きかける事により、排気ガスを浄化しています。
今回は、アドブルーの残量を測定しているレベルセンサーの不良ではありましたが、センサー単品の部品設定が無い為レベルセンサーが取り付けられているプレヒーターとのアッセンブリ交換となります。
交換作業後、症状が改善されていることを確認し作業完了となりました。

No.221 ベンツ SLクラス R230 ABCオイル漏れ修理 点検

  • メルセデスベンツ SL R230 ABCオイル漏れ修理
  • メルセデスベンツ SL R230 ABCオイル漏れ修理
  • メルセデスベンツ SL R230 ABCオイル漏れ修理
  • メルセデスベンツ SL R230 ABCオイル漏れ修理
メルセデスベンツ SL R230 ABCオイル漏れ修理依頼です。
特に警告表示や車高落ちはなかったのですが状況確認の為に早速リフトアップして点検をします。
システムを確認していくとリヤのABCサスペンション本体からオイル漏れが確認出来ました。 左右ともにオイル漏れをしている状況が分かりましたので、トランク内のトリム関係と足廻りを分解しての交換作業となります。 今回のように問題無いように走行が出来ていても、いずれは次第にオイル量が減少し車高が落ちてしまいます。 このような事を防ぐためにも定期点検などを受け、早期発見と修理をお勧めします。

No.220 ベンツ Aクラスリヤ窓が開かない 点検修理

  • メルセデスベンツAクラスリヤ窓が開かない
  • メルセデスベンツAクラスリヤ窓が開かない
  • メルセデスベンツAクラスリヤ窓が開かない
  • メルセデスベンツAクラスリヤ窓が開かない
リヤウィンドウが開かない
点検ではモーターが作動しているか、スイッチを押した時に作動電圧が発生しているかなどをチェックします。この車両も含めドア内張りを外したのち、モーターにアクセスする前のインシュレーターパネルがリベット留めをされている場合が多く、まずは電圧点検等で判断をする事が増えています。今回はモーターの作動は確認出来ましたので、機械的故障が考えられ、レールの交換を行います。インシュレーターを外しレールを確認したところ、レール部のローラーが破損していました。レール交換を行い、各所調整。作動確認を行い完了です。

No.219 ベンツ Eクラス(E300)ディーゼル エンジンオイル漏れ 修理

  • メルセデスベンツ Eクラス W212 E300 ディーゼルエンジンオイル漏れ修理
  • メルセデスベンツ Eクラス W212 E300 ディーゼルエンジンオイル漏れ修理
  • メルセデスベンツ Eクラス W212 E300 ディーゼルエンジンオイル漏れ修理
駐車場にオイルが垂れていたということでご入庫したW212です。
早速診断を行っていくと、車体下部に取り付けられているアンダーカバーが大量のオイルで汚れていました。
アンダーカバーを外し、見てみますとオイルクーラー、リアクランクシール、エンジンオイルパンの三箇所から漏れが発生している事が分かりました。
それぞれ作業を行うためには、多くの部品点数を外す必要があるのでとても手間がかかります。
クロスメンバーを外す必要も有りましたので同時に劣化が見られるエンジンマウントの交換も行いました。 オイル漏れも振動も収まり、オーナー様も満足の仕上がりとなりました。

No.218 ベンツ Vクラス(V280) 冷却水漏れ点検 整備

  • ベンツ V280 冷却水漏れ点検 整備
  • ベンツ V280 冷却水漏れ点検 整備
  • ベンツ V280 冷却水漏れ点検 整備
  • ベンツ V280 冷却水漏れ点検 整備
冷却水漏れにて入庫です。
冷却水を補充してもインジケーターランプが頻繁に点灯する様になって来たとの事で入庫しました。
V280は水廻りのトラブルが多い車輌でも有りますので、多くの事例が有ります。
まずは冷却水漏れの有無を確認する事から診断は始まります。加圧テスターを使用し冷却水ラインの確認を行うとラジエーターから冷却水漏れが発生している事が分かりました。
ラジエーターAssy交換を行い再度加圧テストを実施。他に冷却水漏れが無い事の確認を行います。クーラントを冷却するラジエーターはV280のウイークポイントでも有ります。

No.217 ベンツ Bクラス W245エンジン始動不良

  • メルセデスベンツ Bクラス W245エンジン始動不良
  • メルセデスベンツ Bクラス W245エンジン始動不良
  • メルセデスベンツ Bクラス W245エンジン始動不良
  • メルセデスベンツ Bクラス W245エンジン始動不良
メルセデスベンツ Bクラス W245エンジン始動不良
エンジンが掛からなくなってしまったという事でご入庫されたW245です。セルは回りますがエンジンが掛からない状況です。
DASを使用し、診断を行った結果フューエルポンプのエラーが入っていました。更に、診断機でフューエルポンプに作動信号を送っても作動が確認できない為、フューエルポンプの不良と判断し交換作業を行いました。 Bクラスはフューエルポンプを交換する際、フューエルタンクを降ろす必要があります。
ポンプ交換後、再度システムテスターにて作動チェック後、ロードテストも行い作業完了となりました。

No.216 ベンツ Sクラス(W220 S600)異音修理

  • メルセデスベンツSクラスS600W220異音修理
  • メルセデスベンツSクラスS600W220異音修理
  • メルセデスベンツSクラスS600W220異音修理
  • メルセデスベンツSクラスS600W220異音修理
メルセデスベンツSクラス(W220)S600異音の修理です。
走行中に足廻りから「ガタガタ」「ゴトゴト」音がするとの事です。ロードテストを行い、実際に症状を確認後リフトアップして点検していきます。
フロントABCのショックアブソーバー本体のブッシュ部分が完全に断裂しており少しの段差でも音が出ている状態でした。
純正の新品部品だと高額になるのでお客様とお打合せを行い、リビルト品を用いて交換修理し問題なく音は解消されました。

No.214 ベンツ SLクラス(R230)足回り異音修理

  • メルセデスベンツ SLクラス R230 足回り異音修理
  • メルセデスベンツ SLクラス R230 足回り異音修理
  • メルセデスベンツ SLクラス R230 足回り異音修理
足回り異音修理
車検整備と走行中の異音が心配との事でご入庫されたR230です。 ロードテストを行うと、段差等で足廻りからの異音が確認出来ましたのでリフトアップし点検を行いました。 点検の結果、ナックルボールジョイントにガタが発生し異音の原因となっている事が分かりました。 ボールジョイントは、人間で例えると関節の役割をしております。ナックルボールジョイントの交換には、SSTが必要となり交換作業はちょっと大変です。
外したボールジョイントを手で動かしてみると、グラグラになっていました。 この状態だとボールジョイントに隙間が出来、打音やきしむ様な異音の発生に繋がります。 交換作業後、ロードテストを行い症状が解消されている事を確認致しました。

No.211 ベンツ Eクラス(w212) 12ヶ月点検

  • メルセデスベンツ Eクラス w212ブルーテック
  • メルセデスベンツ Eクラス w212ブルーテック
  • メルセデスベンツ Eクラス w212ブルーテック
  • メルセデスベンツ Eクラス w212ブルーテック
12ヶ月点検でご入庫です。
お客様より各所漏れのチェックをしっかりと点検してほしいというご要望が有り、車両をリフトアップし下廻り点検を進めたところ、オイル漏れの跡を確認しました。さらに診断を進めるとエンジンオイルクーラーからの漏れであることがわかりました。このオイルクーラーはVバンクの谷間に位置するため、熱の影響を受けやすくパッキンの硬化も早くオイル漏れの定番箇所となっています。

ベンツ修理 ベンツ車検 各種お問い合わせ

ベンツ輸入車専門マリオットマーキーズ
  • LINEでお問い合わせ
  • MAILでお問い合わせ
  • TELでお問い合わせ

ベンツ車検

ベンツ修理

板金修理 塗装

点検

マーキーズについて

その他のサービス

「Gクラスを知り、Gクラスを楽しむ」

専門誌「G-CLASS PERFECT BOOK」にマリオットマーキーズが紹介されました!

各種お問い合わせ

ご連絡先

●お名前※
●ふりがな※
●電話番号※
●メールアドレス※
●お問い合わせ内容※




お問い合わせ内容詳細

※点検前のお見積もりはお答えできません。
※入庫前の部品のみのお見積もりはお断りさせていただいています。

お車について

車種名・グレード※
●こちらからのご連絡※