ベンツ故障修理 車検整備 板金 |

マリオットマーキーズ ベンツ車検 ベンツ修理 東京 整備専門サイト
匠の技

メルセデスベンツ車検 故障修理専門工場

お問い合わせ
ボッシュカーサービス
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
ベンツ車検 修理専門店・マリオットマーキーズ

メルセデスベンツ 一覧

ベンツ車検TOP > ベンツ技術ファイル事例一覧 > メルセデスベンツ のタグ一覧

No.236 メルセデスベンツ Gクラス W463 G500 エンジンオイル漏れ

  • メルセデスベンツ Gクラス W463 G500 エンジンオイル漏れ
  • メルセデスベンツ Gクラス W463 G500 エンジンオイル漏れ
  • メルセデスベンツ Gクラス W463 G500 エンジンオイル漏れ
リア側クランクシールよりエンジンオイル漏れ
車検でご入庫頂きましたメルセデスベンツのW463です。 特に気になるところは無いという事でしたが、法定24ヶ月点検を実施したところリアクランクシールからオイル漏れが発生しておりました。 EクラスやSクラスとエンジンは同じ112エンジンですが、Gクラスは取り回しが少し異なり、シール交換までアクセスするのに トランスミッションの脱着を行いますので手間のかかる整備になります。作業後、試運転を行いオイル漏れがない事を確認し作業完了となりました。

No.235 ベンツ EクラスW211(E300)車検オイル漏れ修理

  • ベンツ EクラスW211(E300)車検オイル漏れ修理
  • ベンツ EクラスW211(E300)車検オイル漏れ修理
  • ベンツ EクラスW211(E300)車検オイル漏れ修理
  • ベンツ EクラスW211(E300)車検オイル漏れ修理
メルセデスベンツW211 EクラスE300グレード 車検にてご入庫頂きました
車検にてご入庫頂きましたメルセデスベンツのEクラス(W211)です。 法定24ヶ月点検を実施したところ、エンジンからのオイル漏れを確認しました。 漏れ箇所はエンジンのシリンダーヘッドカバーとリアクランクシールからの2箇所でW211では定番のトラブルですね。 オイル漏れは保安基準不適合となる為修理が必須です。お客様と打ち合わせを行い修理作業を行いました。W211の場合、パッキンを交換するだけではすぐに漏れが再発してしまいますので取り付け面の清掃、面出しを入念に行い組み付けを行います。 修理作業後、試運転を行い異常が無い事を確認し作業完了です。

No.234 ベンツ CLS(W219)エンジンオイル漏れ、異臭

  • ベンツ CLS(W219)エンジンオイル漏れ、異臭
  • ベンツ CLS(W219)エンジンオイル漏れ、異臭
  • ベンツ CLS(W219)エンジンオイル漏れ、異臭
エンジンオイル漏れ、異臭
メルセデスベンツのV型6気筒(272)エンジンでは定番箇所のオイル漏れ、エンジン裏側のメクラとバキューム部からの漏れです。室内で外気設定にしていますとオイルが焦げたような異臭がする場合があります。オイル漏れは車両火災にもつながりますし、徐々にオイルが減る原因にもなります。今回の場合は外に居ても異臭が確認できました。普段見えづらい箇所にもなりますが点検時にはしっかりチェック致します。

No.231 ベンツ cクラス(W203) 271エンジン 4気筒 アイドリング時から振動修理

  • ベンツ cクラス(W203) 271エンジン 4気筒
  • ベンツ cクラス(W203) 271エンジン 4気筒
  • ベンツ cクラス(W203) 271エンジン 4気筒
  • ベンツ cクラス(W203) 271エンジン 4気筒
エンジンをかけると常に振動
エンジンをかけて振動、これは主にエンジンマウント劣化かイグニッションコイル、スパークプラグが原因で発生する場合が多いです。その為はっきりと原因を追求する為の点検をして行きます。まずテスター診断でエンジン内部、先ほどのコイル、プラグではない事を確認、他に内部故障ではない事を探し次にエンジンマウント。これは目視にて行いますがオイルが漏れていないか、潰れてないか工具を当ててみます。今回はマウントが原因で、新品と比べると潰れ具合が良くわかります。日々の運転のストレスに影響しますので、違和感を感じ始めたら点検ご依頼ください。

No.230 ベンツ Eクラス w211 車高落ち及び足廻り異音修理

  • ベンツ Eクラス w211 車高落ち及び足廻り異音修理
  • ベンツ Eクラス w211 車高落ち及び足廻り異音修理
  • ベンツ Eクラス w211 車高落ち及び足廻り異音修理
  • ベンツ Eクラス w211 車高落ち及び足廻り異音修理
車高が落ちてしまい上昇しない、走行中に足廻りから異音が出る
まずはシステムテスターを使用してエアーサスペンションの各所作動チェックから開始していきます。 エアーサスペンションポンプの作動を確認したところ異音なども無く作動します。 それと同時に車高が上がり始めたのですが、車高が落ちてしまっているサスペンションから勢いよくエアーが漏れてきました。 車高落ちの原因はエアーサスペンション本体からのエアー漏れである事が判明しました。 次に異音の原因を探っていきます。足廻り各所を入念にチェックを行っていくと定番と言えるボールジョイントから異音が出ていました。 ジョイント部分にガタが発生している事により異音が出ています。 改善にはジョイントが付くアームごとの交換が必要です。 全ての作業が完了し、車高の保持と異音の有無を確認し作業了です。

Gクラス W463 エアコン修理

エアコン効かない修理
エアコンの点検はガス圧力、漏れの有無、各部作動状態の確認、各部目視点検などから初めます。 コンプレッサーの点検ではONにした際にガス圧力があるか、圧力は正常値なのか、コンプレッサーまで電源電圧が来ているかなどを見ます。 今回は漏れが症状の原因でしたので、漏れが発生していたコンデンサーの交換と、経年劣化により出力が弱くなっているコンプレッサーASSYの交換を行いました。高年式になりますと突然故障が起きますので、違和感がありましたら早めの点検がオススメです。

No.228 ベンツ Eクラス w211 E55 車高下がり

  • メルセデスベンツ W211 E55 車高下がり
  • メルセデスベンツ W211 E55 車高下がり
メルセデスベンツ W211 E55 車高下がり
車高が落ちてしまったという事でご入庫頂きましたメルセデスベンツのE55です。
駐車場に止めておくと右前の車高が完全に落ちてしまう状態でした。
リフトアップし、細かく点検を行うとエアサスペンションのエアバッグからエア漏れが発生している状態でした。この状態では、サスペンションにエアが充填されず、車高が落ちた状態となってしまいますので 今回は、エア漏れがあった右前のエアサスペンションの交換作業を行いました。
交換作業後、症状が改善し異常が無い事を確認し作業完了となりました。

No.226 ベンツ Vクラス(W638) V280 エンジン冷却水漏れ修理

  • メルセデスベンツ W638 Vクラス V280 エンジン冷却水漏れ修理
  • メルセデスベンツ W638 Vクラス V280 エンジン冷却水漏れ修理
  • メルセデスベンツ W638 Vクラス V280 エンジン冷却水漏れ修理
メルセデスベンツ W638 Vクラス V280 エンジン冷却水漏れ修理
車を全体的に点検してほしいという事でご入庫頂いた、ベンツのVクラスV280です。
ウィークポイントを熟知したマーキーズ独自の点検を行った結果ウォーターホース及びヒーターホースから冷却水漏れが発生している事が分かりました。
冷却水漏れを修理せずにそのままにしておくと、冷却水不足によるオーバーヒートなどの二次被害が出てしまうことがありますので、早めの修理作業が必要です。
今回は、劣化していたウォーターポンプとサーモスタッドの交換を同時に行いました。交換作業後、試運転を行い症状が改善していることを確認し作業完了です。

No.225 ベンツ Rクラス W251 ショックアブソーバー 乗り心地修理

  • メルセデスベンツRクラス(W251)ショックアブソーバーのオイル漏れ修理
  • メルセデスベンツRクラス(W251)ショックアブソーバーのオイル漏れ修理
  • メルセデスベンツRクラス(W251)ショックアブソーバーのオイル漏れ修理
  • メルセデスベンツRクラス(W251)ショックアブソーバーのオイル漏れ修理
メルセデスベンツRクラス(W251)ショックアブソーバーのオイル漏れ修理
乗心地が悪いとの事でリフトアップを行い、足廻りを中心に点検を行ったところ、リヤのショックアブソーバーにオイル漏れが発生している事が分かりました。
ショックアブソーバーの機能が低下しますと乗り心地にかなりの影響を及ぼします。
また、保安基準にもかかわる部分になりますので修理が必要とです。
ショックアブソーバー上部の取り付け部分は室内側になりますので、内装を脱着しての作業になります。その他にアーム類も同時に脱着作業をしているので作業完了後しっかりとテスト走行をし問題が無い事を確認し修理完了です。乗心地も改善が出来ました。

No.224 ベンツ Bクラス W245 冷風出ない エアコン修理

  • メルセデスベンツBクラス(W245)エアコン修理
  • メルセデスベンツBクラス(W245)エアコン修理
  • メルセデスベンツBクラス(W245)エアコン修理
  • メルセデスベンツBクラス(W245)エアコン修理
メルセデスベンツBクラス(W245)エアコン修理
冷風が出ないと言う事でご入庫いただきました。早速エアコンゲージを取付け、エアコンガスの容量とガス圧をチェックして行きます。
ゲージの数値を読み取るとエアコンガスは規定量よりだいぶ減っている事が確認出来ました。
ガス漏れの疑いがある為、エアコンシステムを点検して行くと、コンデンサー及びレシーバータンクからガス漏れしている事を確認しました。
部品交換を行い真空引きというシステム内を真空状態にする作業を行った後にエアコンガスを充填して行きます。
作動チェックを行い、ガス漏れが無い事や冷風が出る事を十分に確認し、作業完了です。

ベンツ修理 ベンツ車検 各種お問い合わせ

ベンツ輸入車専門マリオットマーキーズ
  • LINEでお問い合わせ
  • MAILでお問い合わせ
  • TELでお問い合わせ

ベンツ車検

ベンツ修理

板金修理 塗装

点検

マーキーズについて

その他のサービス

「Gクラスを知り、Gクラスを楽しむ」

専門誌「G-CLASS PERFECT BOOK」にマリオットマーキーズが紹介されました!

各種お問い合わせ

ご連絡先

●お名前※
●ふりがな※
●電話番号※
●メールアドレス※
●お問い合わせ内容※




お問い合わせ内容詳細

※点検前のお見積もりはお答えできません。
※入庫前の部品のみのお見積もりはお断りさせていただいています。

お車について

車種名・グレード※
●こちらからのご連絡※