ベンツ故障修理 車検整備 板金 |

マリオットマーキーズ ベンツ車検 ベンツ修理 東京 整備専門サイト
匠の技

メルセデスベンツ車検 故障修理専門工場

お問い合わせ
ボッシュカーサービス
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
ベンツ車検 修理専門店・マリオットマーキーズ

メルセデスベンツ 一覧

ベンツ車検TOP > ベンツ技術ファイル事例一覧 > メルセデスベンツ のタグ一覧

【ベンツ動画技術ファイル】メルセデスベンツ CLS W219 足廻り異音修理

車検整備でご入庫された車輌になります。車検と同時に走行中の異音修理もご依頼頂きました。 走行テストや各部足廻り点検を行い、原因を特定しました。 フロントアッパーアームのボールジョイントにガタが出ており、異音を発生させていました。 正常な部品との対比をご覧下さい。

No.199 Sクラス W221 E320 エンジンルーム異音修理診断

  • メルセデスベンツ Sクラス W221 エンジンルーム異音修理診断
  • メルセデスベンツ Sクラス W221 エンジンルーム異音修理診断
  • メルセデスベンツ Sクラス W221 エンジンルーム異音修理診断
  • メルセデスベンツ Sクラス W221 エンジンルーム異音修理診断
異音修理依頼です。
エンジンルームから異音がするとの修理依頼を頂き、早速診断を行いました。エンジンの回転に音が連動しており、ベルト付近から異音が聞こえてきましたので、ファンベルトを外し駆動されている部分を一つ一つ点検をして行きました。 ウォーターポンプの点検をしたところでポンプ軸にガタつきが出ているのが分かり、異音の発生原因となっていました。 W221ではウォーターポンプにクランクプーリーがかぶるように取り付けされていますので交換作業は少し大変です。 無事に交換、冷却水ラインのエア抜きが完了し異音も無くなりました。

No.197 Eクラス W211 E320 オイル漏れ修理 点検

  • メルセデス・ベンツE320(W211)のオイル漏れ修理
  • メルセデス・ベンツE320(W211)のオイル漏れ修理
  • メルセデス・ベンツE320(W211)のオイル漏れ修理
メルセデス・ベンツE320(W211)のオイル漏れ修理です。
早速リフトアップして点検を行いますとエンジンとミッションの繋ぎ目にオイル溜まりが有るのが分かりました。この箇所からのオイル漏れはEクラスだけでなくCクラスやSクラスでも発生するベンツでは定番のメンテナンス箇所になります。当社のメカニックはミッションの脱着の経験も多く、正確かつスピーディに作業を行います。

こちらのオイル漏れはアンダーカバーが取付けされている事により、なかなか気が付きにくい部分になりますので、ご心配有れば是非当社の定期点検をご利用下さい。

No.196 Eクラス W211 E320足廻り異音修理

  • メルセデスベンツEクラス(W211)の1年点検
  • メルセデスベンツEクラス(W211)の1年点検
  • メルセデスベンツEクラス(W211)の1年点検
  • メルセデスベンツEクラス(W211)の1年点検
メルセデス・ベンツE320(W211)足廻り異音修理です。
こちらの車両はハンドルを切るときしむような異音が出ていました。アームのブッシュやジョイント部に目立った劣化は無く、各所分解をして点検を進めて行くと スタビライザーの固定部のブッシュから異音が出ている事が分かりました。こちらの部品はスタビライザーと一体となっており交換がかなり大変です。

サブフレームとボディの間に付いているので、エンジンを支え、ステアリングラック、サブフレームを順々に外しての交換作業になります。 エンジンの振動が大きくなっていましたので同時にエンジンマウントの交換を行い、逆の手順で組付けし作業完了です。異音、振動共に無くなり快適さが戻りました。

No.195 Eクラス w211 1年点検(12か月点検)

  • メルセデスベンツEクラス(W211)の1年点検
  • メルセデスベンツEクラス(W211)の1年点検
  • メルセデスベンツEクラス(W211)の1年点検
1年点検にてご入庫です。
車両をリフトにセットし点検を進めていきます。アンダカバーを取り外すとアンダカバーにオイルが垂れたあとが確認できます。
オイル漏れの原因はエンジン、ヘッドカバーのカムエンドキャップより漏れがあることがわかりました。
この型のエンジンのカムエンドキャップは定期交換部品と言ってもいいほどよく漏れています。交換の際には一手間加え組み付け、漏れが無いことを確認し作業完了です。

No.194 Eクラス w211 エアコン 修理

  • メルセデス・ベンツEクラス(W211)のエアコン修理
  • メルセデス・ベンツEクラス(W211)のエアコン修理
  • メルセデス・ベンツEクラス(W211)のエアコン修理
  • メルセデス・ベンツEクラス(W211)のエアコン修理
メルセデス・ベンツEクラス(W211)のエアコン修理依頼です。
寒い時期になり暖房を使用した所、全く温風が出ないという事例で修理入庫いただきました。
ヒーターの温風は冷却水の水温を利用しているので、まず冷却水まわりに問題が無いかを点検します。
点検の結果、漏れも無くオーバーヒートもオーバークールも起こしておらず問題は有りませんでした。

次にヒーターまわりのホースやラインを切り替える為のバルブを確認した所、バルブの開閉の動作をしていないことがわかりました。
本来暖かくなった冷却水がヒーターラインに通らず温風を作り出すことができなくなっていました。

ヒーターバルブを交換し症状が改善されたことを確認できましたので修理は完了です。
作業工程ではブレーキオイルを抜かなければならず、EクラスW211ではDASテスターを使用しての作業になります。
このような不具合がありましたら専用のテスターを完備している当社へご連絡下さい。

No.193 Eクラス w211 ディーゼル グローランプ 点灯 修理

  • ベンツEクラス w211 ディーゼル グローランプ 点灯 修理
  • ベンツEクラス w211 ディーゼル グローランプ 点灯 修理
  • ベンツEクラス w211 ディーゼル グローランプ 点灯 修理
グローランプが消えないとのご入庫です。
早速点検を進めていきましょう。現象確認のためエンジンを始動しようとすると、やはりグローランプが点灯しっぱなしでエンジンのかかりも非常に悪い状態です。グロープラグが全数機能していないようですね。テスターにてエラーコードを見ていきますと、余熱時間のタイムエラーが出てきました。点検を進めていきますと、グローのヒーターユニットが原因であることがわかりました。このユニットは故障事例も多く部品を頼むと対策品に変わってきます。 今回はヒーターユニット単体の交換にて症状も改善され無事作業完了です。

No.191 Cクラス w203 室内異音の修理

  • メルセデスベンツCクラス(W203)の室内異音の修理
  • メルセデスベンツCクラス(W203)の室内異音の修理
  • メルセデスベンツCクラス(W203)の室内異音の修理
  • メルセデスベンツCクラス(W203)の室内異音の修理
メルセデスベンツCクラス(W203)の室内異音の修理依頼です。
早速エンジンをかけて確認してみたところ、W203では定番のエアコンのフラップ作動不良により発生してる異音でした。
少し大掛かりな作業になりますが、センターコンソールからダッシュパネルまですべて取り外していきます。パコパコと異音のしている部分をはずしてみると、樹脂のギヤの歯が欠けていました。
この欠けている箇所が原因で空転を繰り返し異音を発生させています。こちらのギヤはリペア用として部品設定がありますので、交換して異音が出ていないことを確認し、内装パーツを全て組み上げ作業完了です。

No.189 Cクラス W203 24ヶ月点検 車検 修理

  • ベンツ cクラス w203 24ヶ月点検 車検 修理
  • ベンツ cクラス w203 24ヶ月点検 車検 修理
  • ベンツ cクラス w203 24ヶ月点検 車検 修理
車検点検にてご入庫です。
早速点検を進めていきましょう。今回は車検点検ですので各部隅々までチェックしていきます。12ヶ月点検は出さずに、車両点検の機会は車検時の2年に1回だけというお客様も多いですので2年の場合はさらにしっかりと点検していきます。点検を進めていきますと、エンジン関係は特に問題ないようですが下廻りを見ていきますと、A/Tミッション~デファレンシャルギアへ動力を繋いでいるプロペラシャフトのディスクジョイントが今にも切れてしまいそうな状態でした。このディスクジョイントの主な役割はエンジンから伝わってくる回転力のショックの軽減や事故時の力の逃げ道となる重要な部品です。交換後はアクセルを踏んだときのショックが減り快適なドライブが出来る事と思います。

No.188 Eクラス W211 エンジン オイル漏れ ベルト鳴き 点検 修理

  • ベンツ Eクラス W211 エンジン オイル漏れ ベルト鳴き 点検 修理
  • ベンツ Eクラス W211 エンジン オイル漏れ ベルト鳴き 点検 修理
  • ベンツ Eクラス W211 エンジン オイル漏れ ベルト鳴き 点検 修理
  • ベンツ Eクラス W211 エンジン オイル漏れ ベルト鳴き 点検 修理
最近エンジンルームからキュルキュルと音がするようになった、との修理依頼です。
早速点検を進めていきます。エンジンが暖まっている状態では音の確認がとれませんでした。まず一番怪しいと思われるベルト廻りの点検から進めていきます。テンショナーにはベルトの伸び具合や使用限度を示すインジケーターが有りますので、インジケーターを参考に診断していきます。点検中オートテンショナー真上のオイルフィルターのブラケットからオイル漏れも確認しました。
エンジンを冷まし再度ノイズキャッチャーを使用し診断を行うと、異音の原因はテンショナーのプーリーからということがわかりました。ベルトテンショナー及び、オイル漏れがあったフィルターブラケットのパッキン交換をし異音もオイル漏れもなくなり無事作業完了です。

ベンツ修理 ベンツ車検 各種お問い合わせ

ベンツ輸入車専門マリオットマーキーズ
  • LINEでお問い合わせ
  • MAILでお問い合わせ
  • TELでお問い合わせ

ベンツ車検

ベンツ修理

板金修理 塗装

点検

マーキーズについて

その他のサービス

「Gクラスを知り、Gクラスを楽しむ」

専門誌「G-CLASS PERFECT BOOK」にマリオットマーキーズが紹介されました!

各種お問い合わせ

ご連絡先

●お名前※
●ふりがな※
●電話番号※
●メールアドレス※
●お問い合わせ内容※




お問い合わせ内容詳細

※点検前のお見積もりはお答えできません。
※入庫前の部品のみのお見積もりはお断りさせていただいています。

お車について

車種名・グレード※
●こちらからのご連絡※