ベンツ車検

マリオットマーキーズ ベンツ車検 ベンツ修理 東京 整備専門サイト
匠の技

メルセデスベンツ車検 故障修理専門工場

お問い合わせ
ボッシュカーサービス
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ

ベンツ車検 修理専門店・マリオットマーキーズ

ベンツ車検 修理専門店・メインイメージ

TOP > ベンツ車検 > ベンツ整備技術ブログ

メルセデスベンツ Eクラス(W212)E350ブルーテック(ディーゼル) 車検 オイル漏れ

マリオットマーキーズブログをご覧頂き誠に有難う御座います。
今回、ご入庫頂いたお車はメルセデスベンツのW212 E350ブルーテックです。
車検点検の他に、駐車場にオイル漏れの跡が出来るので見てほしいというご依頼も頂きました。

ブルーテックとは、ベンツのクリーンディーゼルの名称です。エンジン内部の改良によって排出ガスの生成を最小限に抑え、触媒のシステムにより問題になっていた黒鉛を99%除去するなど環境対策をしたディーゼルエンジンです。

特にメルセデスベンツでは独自のインジェクターと触媒コンバーターを用いており、排出ガスにアドブルー(尿素水溶液)を噴射してその熱反応によってアンモニアを生成して触媒を通過させ、害がない窒素と水に分解しています。

ブルーテックエンジン自体は高性能で燃費も良く、環境にも優しいのですがメンテナンス面で考えるとガソリンエンジンと比べて、部品点数が多く、何か故障があった時の作業等が少々大変になるケースもあります。

今回のE350でもガソリンエンジンでは付いていない部品等があるので外していく点数が多いです。

エンジンの後ろ側、エンジンとミッションの継ぎ目からオイル漏れが下記の写真になります。
通常であれば、リアクランクシールの交換を行うのですが、E350ブルーテックの場合他にも疑う箇所があります。
まさにこの車両はそこから漏れていました。


スターターモーターを取り外し、リアクランクシールよりも上側を点検するとオイルが垂れてきた跡があり、この場合はエンジンVバンク間にあるオイルクーラーからのオイル漏れが原因になります。

従来のエンジンであれば、インレットマニホールドを外せばアクセス出来るのですが、E350ブルーテックの場合は吸気側と排気側の位置が逆に設計されている為、アクセスするのにエキゾーストマニホールドやタービン等様々な部品を外さなければなりません。

オイルクーラー交換時に必要なガスケットやオーリングの見積もりを同時に行い、ホース類やパイプ類はお客様と打ち合わせを行い、再使用出来るものは再使用して修理費用を削減しています。

こちらが、オイル漏れを起こしていたエンジンのオイルクーラーです。
弁当箱のような形をした部品になり、周辺にはオイルが池のように溜まっておりました。

このオイルクーラー付近には、タービンへの吸入空気量を制御しているシャットオフモーターが取り付けられており、オイル漏れの影響で内部不良を起こしてしまいエンジン不調(エンジンストール)の原因になりますので、オイル漏れの早期修理が必要になります。

修理作業後、入念にロードテストを行い症状が改善している事を確認し作業完了となりました。
マーキーズでは、今回の様な重整備の他にトラブルシューティングや板金塗装等も行っておりますので、お車の事でお困りの場合お気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせは、電話、メールの他にラインでも承っております。

皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

メルセデスベンツ Eクラス W210(E280) 車検 故障オイル漏れ

マリオットマーキーズブログをご覧頂き誠に有難う御座います。

今回、ご入庫頂いたお車はメルセデスベンツのEクラスW210です。
走行中たまに焦げ臭い臭いがするという事で合わせて診て頂きたいとのご依頼をいただきました。

Eクラス W210(E280) 車検

点検を進めていくと、まずエンジンのヘッドカバーより早速オイル漏れを発見しました。リフトアップを行いアンダーカバーを外すと、アンダーカバーにエンジンオイルが溜まり池の様になっているのが分かります。
ヘッドからのオイル漏れが上から伝ってオイルパンに垂れアンダーカバーまで達しています。

Eクラス W210(E280) 車検
Eクラス W210(E280) 車検
Eクラス W210(E280) 車検

今回はオイル漏れの修理以外でエンジンのベルトテンショナーのガタ、スパークプラグやイグニッションコイルなどもかなり年数が経過しており、劣化していましたので合わせて交換しています。
部品は全て純正部品を使用するのではなく、純正のOEM品等を使用することでコストを抑えれる箇所は抑えています。

Eクラス W210(E280) 車検Eクラス W210(E280) 車検
Eクラス W210(E280) 車検

エンジンオイル漏れは、保安基準不適合になるだけでなく箇所によってはエアコンのコンプレッサーやオルタネーターにオイルが飛び散ってしまい、二次災害の危険性がありますので発見次第早期修理をお勧めしています。

マーキーズでは、高年式の車から低年式の車まで整備、車検が可能ですので先ずは一度お問い合わせください。
お問い合わせは、電話やメールだけでなくLINE@でも承っております。

メルセデスベンツ Eクラス(W211) E280 車検でご入庫頂きました

マリオットマーキーズブログをご覧頂き誠に有難う御座います。

今回、ご入庫頂いたお車はメルセデスベンツのEクラス(W211)E280です。

ベンツ Eクラス(W211) E280 車検

特に気になるところは無いという事でしたが、隠れた故障や保安基準不適合な箇所が無いかを点検する為法定24ヶ月点検を実施いたしました。
W211の272エンジンではよくある箇所ではありますがシリンダーヘッドカバーよりオイル漏れを確認しました。

オイル漏れ

お客様に状況の説明と打ち合わせを行い修理作業を行います。

修理作業では、ヘッドカバーに取り付けられているブローバイホースを取り外して作業を行います。
経年劣化によりホースが硬化し、再使用するとオイル漏れの原因となる為ヘッドカバーガスケット交換時には同時交換が必要です。

交換部品
交換部品

交換作業後、試運転を行い症状が改善されている事を確認し作業完了となりました。

オイル漏れがあると車検も取得することができません。
今回w211の弱点であるヘッドカバーからのオイル漏れ修理を行い無事車検取得することができました。

EクラスW211もご愛顧いただくお客様も多くいらっしゃいます。
W211の整備実績も豊富なマリオットマーキーズへお任せください。

車検点検 メルセデスベンツ Eクラス(W211)E320 足回り整備

車検でご入庫頂きました、EクラスのE320グレードです。
W211型は特に多くの車検点検実績があす車種です。

点検を進めて行くとドライブシャフトブーツから内部グリスが漏れ出ている事が分かりました。
この状態では保安基準不適合となり、車検の取得が出来ませんので修理が必要です。

ドライブシャフト両端は自由に可動出来るジョイントになっていますが、動きの滑らかさを維持する為に多量のグリスが使用されています。
そのグリスをゴムブーツを使用し外に出さない構造となっています。ドライブシャフト脱着には画像のように沢山の接続を外す必要が有ります。

上記は取り外されたドライブシャフトです。両端に近い部分に蛇腹になった箇所がドライブシャフトブーツになります。
ゴムのブーツですので、経年により硬化し亀裂が入ったり、ゴム痩せにより隙間が大きくなりグリス漏れを引き起こします。
ゴムパーツは使用にかかわらず、経年劣化する部分です。

ブーツバンドを外し、ブーツを取り外し、内部を分解後に洗浄を行い新しいグリスと共にブーツを組み付けていきます。

組み付けが完了すると、外した時とは見違えるほどの状態になります!

ジョイント部分は滑らかさを取り戻し、動きにスムーズさが蘇りました。
車両側にドライブシャフトを組み込み、走行テストを実施すると走行状態にも滑らかさが伝わってくる様です。
今回はグリス漏れ修理が趣旨でしたが、スムーズな動きを取り戻す一石二鳥の整備となっています。

メルセデスベンツ故障修理 よくある事例 EクラスW212エンジンオイル漏れ

ベンツEクラスオイル漏れ修理

マリオットマーキーズ整備ブログをご覧いただきありがとうございます!
以前運営していたブログをリニューアルして今回からベンツ整備スタッフ技術ブログになります。

より深く、不良箇所及びのピンポイントでの修理状況をご紹介していければと思います。
愛車のどこかが調子が悪い・・・、年数が経過しているので心配・・・などなどメルセデスベンツのことで気になることはお気軽にご相談ください!

今回は最近多い、メルセデスベンツ EクラスW212「オイル漏れ」にスポットをあてて紹介したいと思います。
ぜひ、ご参考下さい。

ベンツの定番!?オイル漏れ

輸入車には必ずと言っていいほど遭遇する故障事例・・・それがオイル漏れです。
点検や車検時に気付く事もありますが、進行しているケースですと煙の発生や駐車場に染みが残るようになります。

では、さっそく状態を見ていきましょう!
車輛はメルセデスベンツEクラスW212ですが、V6ディーゼルエンジン搭載モデルです。
エンジン形式で言うと642のタイプになります。

ベンツEクラスW212エンジン故障修理

漏れてくる個所はオイルクーラーですが左右Vバンクの真ん中に取り付けられており、当時オイルクーラー漏れが多かったS600の漏れ方と同様になります。
当然、エンジンルームを覗いても漏れている箇所は分かりません。
リフトアップしアンダーカバーを外すとどれほど漏れているかを確認出来ます。

ミッションの脇からオイルパンまで全体的に濡れており、ベンツ修理の経験が浅いとオイルパンパッキンの交換やリヤクランクシールの交換で作業されてしまいます。
しかし、漏れている箇所が違うのでオイル漏れは止まりません。

ベンツEクラスW212エンジン故障修理

マーキーズではノウハウがありますので、どこからオイルが流れてくるかで判断が出来ます。
このあたりのノウハウはあまり公開させたくない箇所で・・・次の機会にご説明するかもしれません!!

ベンツオイル漏れ点検 エンジン上部脱着

まずは、エンジン上部の補機類、要するに吸気系のダクト関係、インレットマニホールド一式、マニホールド及びターボユニットまで全て脱着していきます。

ベンツEクラスW212エンジン故障修理

Sクラス S600ですとシリンダーヘッドを左右脱着しますので、それに比べれば簡単ですが。
そして補機類関係を全て外すと真ん中に見えてくる長方形のアルミケースがあります。

オイルクーラー本体

ベンツEクラスW212エンジン故障修理オイル漏れ

そう!これがオイルクーラーなんです。しかも交換するのはオイルクーラーの裏に付いている、

ベンツEクラスW212エンジン故障修理

パッキン2つ!これを交換するために、あらゆる部品を脱着していくんです。当然冷却水やオイルなどの油脂類も抜けてしまいます。また、脱着に伴い、再使用できないホースやガスケット・オーリングなどの部品が必要になります。
642エンジンの場合はオイルクーラーからのオイル漏れにより、周辺の部品まで損傷しアクセルが反応しない・加速しない等の二次災害へ発展していきますので点検などで気付いた方は早急な修理をお勧めします。

次回もメルセデスベンツで多い故障事例を紹介致しますのでお楽しみに!

ベンツSクラス 中古/新車ご購入も

Sクラス在庫

お問い合わせはこちら
今月のキャンペーンはこちら マリオットマーキーズ スタッフ募集!

ベンツ車検

ベンツ修理

板金修理 塗装

点検

マーキーズについて

その他のサービス

Gクラス整備サイト

万が一の事故修理の際まずはマーキーズにご相談ください

ベンツ修理か売却かお悩みの方へ

並行輸入車整備可能

個人間売買向けメンテナンス車検・名義変更・整備

レンタカーサービス

facebook

twitter

blog

「Gクラスを知り、Gクラスを楽しむ」

専門誌「G-CLASS PERFECT BOOK」にマリオットマーキーズが紹介されました!

各種お問い合わせ

お電話でのお問い合せはこちらから

各種お問い合わせフォーム

必要事項をご入力ください。(必要事項)

板金画像添付フォーム

ご連絡先

●お名前
●ふりがな
●電話番号
●メールアドレス
●お問い合わせ内容




お問い合わせ内容詳細(簡単で構いません)

お車について

車種名・グレード
●こちらからのご連絡