ベンツ車検

マリオットマーキーズ ベンツ車検 ベンツ修理 東京 整備専門サイト
匠の技

メルセデスベンツ車検 故障修理専門工場

お問い合わせ
ボッシュカーサービス
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
ベンツ車検 修理専門店・マリオットマーキーズ

TOP > ベンツ車検 > ベンツ整備技術ブログ

メルセデスベンツ Gクラス W463 ゲレンデ ブルーテック(642エンジン)車検整備

マリオットマーキーズ整備スタッフブログをご覧いただきありがとうございます

本日はベンツ W463 Gクラス 車検整備のご依頼です。

まずは車検取得の為室内、灯火類、エンジンルーム、下廻りの点検を行います。
室内、灯火(ライト周り)では特に異常ありませんでした。

エンジンルームではエンジンオイル、エアクリーナーエレメント、A/Cフィルターが汚れていたのとベルトに細かいクラックか見られました。
他には特に異常有りませんでしたのでその他消耗品を提案させて頂き作業をしていきます。

オイルなどで汚れる前にワイパーやエアコンフィルター、エアクリーナーエレメント、オルタネータードライブベルトを交換していきます。

エアコンフィルターはW463の場合エンジンルームにあるので蓋を開け交換します。
今回の642エンジンはV型6気筒ブルーテック(ディーゼル)なのでエアクリーナーエレメントは左右両バンクに有ります。

エアクリーナーを交換した後はベルト交換をしていきます。
ベルトはエンジン前側です。その前にはタービンに接続されるインテークパイプ、クーラントアッパーホース等各部かなりのパイプ、ホースが有ります。
取り外し自体時間のかかる作業ですが何度も作業させて頂いているのでサラッと交換していきます。

ベルトの交換では取り付けた後、必ず各プーリーにしっかり掛かっているかを確認しエンジンの始動テストを行います。
もちろん確認は重要です。そうしないと切れてしまう恐れがあります。

油脂類の交換を行います。
更にこの車両はアドブルーを使用していますのでアドブルーの補充も行いました。
アドブルーの残量はメーターでサービスモードにする事で確認する事が出来ます。

試運転を行い作業完了になります。

弊社では重整備から軽整備まで行い様々な輸入車種の整備実績があります。
ベンツを始め輸入車の事で少しでも気になる事が御座いましたらまずはお問い合わせして頂ければと思います。

ベンツ車検

ベンツ修理

板金修理 塗装

点検

マーキーズについて

その他のサービス

「Gクラスを知り、Gクラスを楽しむ」

専門誌「G-CLASS PERFECT BOOK」にマリオットマーキーズが紹介されました!

各種お問い合わせ

お電話でのお問い合せはこちらから

各種お問い合わせフォーム

必要事項をご入力ください。(※必要事項)

板金画像添付フォーム

ご連絡先

●お名前※
●ふりがな※
●電話番号※
●メールアドレス※
●お問い合わせ内容※




お問い合わせ内容詳細

※点検前のお見積もりはお答えできません。
※入庫前の部品のみのお見積もりはお断りさせていただいています。

お車について

車種名・グレード※
●こちらからのご連絡※