ベンツ車検

マリオットマーキーズ ベンツ車検 ベンツ修理 東京 整備専門サイト
匠の技

メルセデスベンツ車検 故障修理専門工場

お問い合わせ
ボッシュカーサービス
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ

ベンツ車検 修理専門店・マリオットマーキーズ

ベンツ車検 修理専門店・メインイメージ

TOP > ベンツ車検 > ベンツ整備技術ブログ

メルセデスベンツ Sクラス W221 (S350) オイル漏れ修理

マリオットマーキーズブログをご覧頂きありがとうございます。

今回、ご入庫いただいたお車はこちら!

sクラス s350車検

メルセデスベンツのSクラスW221(S350)です。車検でご入庫いただきました。

テスター診断を含めた法定24ヶ月点検を行うと、エンジンオイルフィルターのブラケット(土台)からのオイル漏れを確認しました。
この272エンジンでは定番の整備箇所です。ブラケットの下にはパワーステアリングポンプが付いており、ブラケットからのオイル漏れによってポンプ本体にダメージを与えてしまうケースがあります。

オイル漏れ

オイル漏れで茶色になっている箇所がオイルフィルターブラケットです。
先ずは、オイルフィルターブラケットのオイル漏れ修理作業を行っていきます。

このエンジンの場合外したい部品に直接アクセスする事が出来ない為サーモスタットやエアポンプ、Vベルト廻り等を外す必要があり手間のかかる作業となります。

今回はブラケット本体はオイルストーンで研磨して表面を整えてパッキンのみ交換にて対応して費用を抑えております。
またオイルフィルターブラケットには水冷式のオイルクーラーがついており、オイルクーラー取り付け部にもガスケットが組み付けられておりますのでこちらも同時に交換します。

交換作業後、エンジン冷却水が抜けましたのでのしっかりとエア抜き作業を行い、試運転後異常が無い事を確認し作業完了です。

オイル漏れは定番箇所ですが場所によっては目視では難しいところがあります。
駐車場に滴るほどのオイル漏れや煙がでる・・・という時は、オイル漏れがかなり進行している状態で危険です。

オイル漏れは2次被害を及ぼしてしまう可能性がかなりありますので車検点検時見つけましたら、しっかりと修理しましょう!

メルセデスベンツ Sクラス(W221) S600 車検点検 経年箇所

マリオットマーキーズブログをご覧頂き誠に有難う御座います。

ベンツ Sクラス(W221) S600 車検点検

今回メルセデスベンツ車検でご入庫頂きましたのはSクラス W221型 S600 です。

最高グレードにふさわしい風格とスペースいっぱいに積み込まれたエンジンは他を圧巻する迫力が有ります。
最近になりエンジンの振動が気になるとの事で車検点検と併せて診断を行って行きますとエンジンに不調等は見当たりません。
更に診断を進めていきますと、エンジンを支えているマウントが潰れきっている状況で有る事が判明しました。

ベンツSクラス S600 エンジンマウント

ベンツ Sクラス(W221)車検点検マウント

画像右側が車両に取り付けされていたエンジンマウントになります。
厚いゴムの中にグリスが封入されエンジンの振動を吸収するのですが、ゴムが完全に潰れて中のグリスも流れ出て来ている状況でした。

ゴム部分はどうしてもへたりが出やすい箇所です。w221もモデルチェンジから早くも5年が経ちます。
車検点検での要チェックポイントです。

Sクラスのエンジンマウントは場合によりエンジンを降ろさなければ交換が出来ません。
今回はエンジンのオイル漏れ修理の為にエンジンを降ろす事になりましたので、マウントも併せて交換が出来る状況となりました。

エンジンマウント交換

画像左側の新品マウントと比べますと、いかに潰れきっているかが良く分かります。
そしてこのエンジンマウントは他と比べてひと回り程大きいのも特徴です。

S600の大きく重いエンジンを支えるのですから必然と言えますが、このマウントをヘタらせてしまうのですから、いかにエンジンがパワフルなのかが逆に分かります。

こういった重整備も経験豊富な専門店だからこそ可能と言えますので、メルセデスの車検、点検、整備はマーキーズへご相談下さい。

メルセデスベンツ Sクラス エアコン修理

本日ご紹介するのはこれからの季節に増えてくる修理のご紹介です。

1番多いのは何と言ってもエアコンですね。
今回はメルセデスベンツSクラスでご説明します。

メルセデスベンツ Sクラス エアコン修理

近年のメルセデスベンツは電子制御化が進み、昔のような修理では対応できなくなっていますね。
エアコンの制御も大きく変更しており、テスターなどを使用し的確に診断をしなくてはいけなくなっています。
今回はA/Cコンプレッサーの不良で圧力が上がらずエアコンが効かない状態でした。

メルセデスベンツ Sクラス エアコン修理

取り外しはそんなに大変ではありません・・・・・

メルセデスベンツ Sクラス エアコン修理

同時交換する部品などは今も昔も変わりませんね。
変わっているのは制御ですので。

メルセデスベンツ Sクラス エアコン修理

今回はW221 Sクラスでお話ししましたが、EクラスもCクラスも全て同じです。
お早目の点検・修理をお勧めします。
室内の温度調整ができない?冷気がでない・暖房の温度がおかしいなど空調の不具合がありましたら相談してください。暑くなってからでは大変ですよ。

メルセデスベンツSクラスメンテナンス よくある事例 エアコン

今回はメルセデスベンツSクラスW221型メンテナンスのご紹介です。
最近多いエアコンが効かない事例。
近年の車両は昔のアナログ的なコンプレッサーと違い可変容量タイプと言ってより細かく管理を行いエアコンシステムを制御しております。
テスターをつなげてガスが入っているとか入っていないとかでは診断出来ません。

目視点検

また、目視点検は非常に重要で見た目で漏れている箇所などが特定できる場合があります。

ガス漏れ""

今回のケースではコンプレッサー本体よりガス漏れが確認出来ましたので交換作業に進みます。

同時交換推奨レシーバーやエキパン

今も昔も同時交換推奨がレシーバーやエキパンですね。
エアコンのこの基本システム部品は今もあまり変わりません。

コンプレッサー

こちらがコンプレッサーです。

コンプレッサー

今回の場合はコンプレッサーを交換し修理は完了しましたが、中にはスタンドなどでガスを入れすぎて効かない車輛も見かけます。
ベンツはテスターで計測しながら規定量を入れないとエラーを感知し車輌側がエアコンのシステムを停止してしまうんですね。
冷房は冬でも使用しますし車に乗るには必須の装備となります。

効きが悪くなったら、補充してごまかすなどの修理ではなくマーキーズにご相談ください。

メルセデスベンツSクラス・Eクラス・CLSクラス 車検点検整備ウィークポイントなどなど

本日はメルセデスベンツにお乗りの皆様又はこれから購入予定の皆様に、交換必要な箇所やお勧め・ウィークポイントをご紹介します。

まずはW221型Sクラスを参考に

フロントの足回りから

異音の原因ロアアーム

メルセデスベンツSクラス・Eクラス・CLSクラス 車検点検整備弱点ロアアーム

ラジアスアーム

メルセデスベンツSクラス・Eクラス・CLSクラス 車検点検整備弱点ラジアスアーム

タイロッドエンド

メルセデスベンツSクラス・Eクラス・CLSクラス 車検点検整備弱点タイロットエンド

スタビリンクだけでなく段差などでコトコト音の原因にもなります

スタビライザー

メルセデスベンツSクラス・Eクラス・CLSクラス 車検点検整備弱点スタビライザー

続いて振動や揺れが始まるマウントシリーズ

エンジンマウント
アイドリング時の微振動やアクセルを開けた時に振動やしびれがきます。

メルセデスベンツSクラス・Eクラス・CLSクラス 車検点検整備弱点エンジンマウント

ミッションマウント

変速時の異音や走行時の振動の原因になります

メルセデスベンツSクラス・Eクラス・CLSクラス 車検点検整備弱点ミッションマウント

距離と年数で交換が必要になる部品です

ウォーターポンプ
国産でもそうですが必ず交換の時期が来る水廻りの要です

メルセデスベンツSクラス・Eクラス・CLSクラス 車検点検整備弱点ウォーターポンプ

交換する際に、経年劣化により交換が必要な物は同時に交換が良いです
ベルトやプーリー類

メルセデスベンツSクラス・Eクラス・CLSクラス 車検点検整備弱点 ベルト プーリー

こちらは亀裂が進んだベルトです

ベルト亀裂

年間で多い修理内容を紹介いたしましたが
これ以外にもまだまだあります。
定期的な点検と予防整備で無駄なトラブルも防げますので
メンテナンスをお勧めします。
購入したばかりお客様、しばらくメンテナンスをしていない方
異音などがすでに出ているお客様はお問い合せ下さい。

メルセデスベンツSクラス(w220)S600のウィークポイント

今回はメルセデスベンツW221 Sクラスのオイル漏れ事例をご紹介します。
どのモデルでも多少なり、オイル漏れはあります。
でも、一つ前のモデルW220の時もそうですが注意しなけばいけないモデルがあります。
そう、12気筒搭載の「S600」モデルです。
こちらのモデルは非常に熱がこもりやすく様々な所に問題が発生するモデルです。
昔は熱などのせいで点火系が弱く毎日のようにエンジン不調や警告灯点灯でイグニッションコイルやプラグを交換していました。
同時に、アルミ製で作られている部品が多く、熱により変形してしまいトラブルが多かった記憶があります。

一番問題なのがオイルクーラーからのオイル漏れ

簡単そうに見えますが、S600の場合はエンジンVバンクの真ん中に付いていますので交換する際は左右のシリンダーヘッドを脱着します。
とんでもなく大変な作業になります。
W220の時であれば車載で交換も良いのですが、何度も作業していくとW221はエンジンを下した方が早いとの結論に至りました。

w221 s600オイル漏れ事例

まずはエンジン脱着作業に入ります。

その後、左右のシリンダーヘッドを脱着し真ん中に付いているオイルクーラーを交換する流れになります。

w221 s600オイル漏れ事例

降ろす際に、普段簡単に出来ない作業やメンテナンスが出来るので割り切って考えれば車の為には良いかなと思います。
交換が大変なエンジンマウントもABC関連もエンジンが降りていれば簡単ですからね。

w221 s600オイル漏れ事例

まだまだ人気のあるSクラス W221モデル。
つぼを押さえた的確な整備とメンテナンスでメルセデスベンツのすばらしいフィーリングを体感してくださいね。
メルセデスベンツの事なら、年式問わず得意ですのでお困りの時にはご相談下さい。

また、1年点検も行っておりますので心配の方はご用命ください。

メルセデスベンツS55車検

車検で入庫のメルセデスベンツS550です。型的には二世代前のW220モデルです。年数経過による経年劣化部品とウィークポントの整備になりますが、前回の一年点検を行っていなかったので、定期交換部品が多くありました。今回、要交換となったのはベルトルです!亀裂が多数入り、大きなパワーを持つS55では、いつ切れてもおかしくない状態でした。

メルセデスベンツW221車検入庫

車検で入庫のメルセデスベンツw221です。車検とは別にエンジン警告灯の依頼を受けました。
DASテスターにて故障履歴を確認すると・・・・・タンブルフラップ固着の入力・・・・・
すぐに、原因が分かりましたので現車のエンジンを確認をした所、やはり折れておりました。
272エンジンの欠点である、インレットマニホールドの切り替えを行っているアクチュエータ
リンク破損。折れた事によって、警告灯が点灯しておりました。
Sクラスに限らず、W211やW204でも同じ事がおきます。しかも部品供給はAssy交換!
でも・・・・・強化品もあるんですよね!

メルセデスベンツW220 車検入庫

まだまだ現役のメルセデスベンツW220車検で入庫です。今回は足回りの異音が中心となり

ハンドルを左右に切っただけでギィーギィーと異音が発生する状態でした。

原因は、各所ボールジョイントブーツ破れ!
このままにしておくと、中のグリスが飛び散り砂などが入り錆が進行していきます。

メルセデスベンツW220車検入庫

車検で入庫のメルセデスベンツW220です。年式的にも定期的なメンテナンスがかかせない

部類になってきましたね。今回は予防整備と1日で車高が下がるとの事で、エア漏れしている

サスペンションの交換も行いました。

お問い合わせはこちら
今月のキャンペーンはこちら マリオットマーキーズ スタッフ募集!

ベンツ車検

ベンツ修理

板金修理 塗装

点検

マーキーズについて

その他のサービス

Gクラス整備サイト

万が一の事故修理の際まずはマーキーズにご相談ください

ベンツ修理か売却かお悩みの方へ

並行輸入車整備可能

個人間売買向けメンテナンス車検・名義変更・整備

レンタカーサービス

facebook

twitter

blog

「Gクラスを知り、Gクラスを楽しむ」

専門誌「G-CLASS PERFECT BOOK」にマリオットマーキーズが紹介されました!

各種お問い合わせ

お電話でのお問い合せはこちらから

各種お問い合わせフォーム

必要事項をご入力ください。(必要事項)

板金画像添付フォーム

ご連絡先

●お名前
●ふりがな
●電話番号
●メールアドレス
●お問い合わせ内容




お問い合わせ内容詳細(簡単で構いません)

お車について

車種名・グレード
●こちらからのご連絡