ベンツ車検

マリオットマーキーズ ベンツ車検 ベンツ修理 東京 整備専門サイト
匠の技

メルセデスベンツ車検 故障修理専門工場

お問い合わせ
ボッシュカーサービス
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ

ベンツ車検 修理専門店・マリオットマーキーズ

ベンツ車検 修理専門店・メインイメージ

TOP > ベンツ車検 > ベンツ整備技術ブログ

メルセデスベンツ Gクラス W463 G500 車検 よくある足回り整備

マリオットマーキーズブログをご覧頂き誠に有難う御座います。

ご入庫頂いたお車は、メルセデスベンツのGクラス W463(G500)です。
デザインが一新された新型モデルが発表され、ますます人気の高まるGクラス。

登場以来角ばった四角い形状が踏襲され長く親しまれているモデルです。
歴史のあるGクラスですから登録から10年以上経過しているお車も多くなっています。

Gクラスは、モデルによって搭載されているエンジンやミッションは違いますが足廻りの構成部品はどのモデルも共通となっている為、ウィークポイントは共通の場合が多いです。

gクラス車検タイロッドエンドブーツの破れ

法定24ヶ月点検を行っていくと、W463では定番の修理となっているタイロッドエンドブーツの破れがありました。

低年式のgクラス車検時によくある修理箇所

低年式のgクラス車検時によくある修理箇所

W463では、タイロッドエンドが計4か所取り付けられており、今回のお車は4か所全てブーツが破れている状態でした。
しかし、タイロッドエンドゴムブーツだけの単体部品供給が無く、更に前側に関してはタイロッドアッセンブリのみの部品供給となり、純正部品での修理作業は高額になってしまいます。
今回はお客様と打ち合わせを行い、OEM品での修理作業を行う事になりました。

低年式のgクラス車検時によくある修理箇所

こちらの棒状の部品がタイロッドになります。
タイロッドが左右のナックルと繋がっており、ハンドルを切る動作を左右同時に伝える為の部品ですのでハンドルを切ると常に負担がかかる部品です。
重量が2トンを超えている車ですのでより一層負担が掛かりやすい箇所です。

gクラス足回り修理

gクラス足回り修理

交換作業後、トーイン調整を行い車検を取得し作業完了です。

マーキーズでは、足廻り部品の修理作業以外にも、エンジンやトランスミッション、テスター診断、板金塗装等、多岐に渡って承っています。
お車の事で困った場合はお気軽にお問い合わせください。

メルセデスベンツ Eクラス(W212)E350ブルーテック(ディーゼル) 車検 オイル漏れ

マリオットマーキーズブログをご覧頂き誠に有難う御座います。
今回、ご入庫頂いたお車はメルセデスベンツのW212 E350ブルーテックです。
車検点検の他に、駐車場にオイル漏れの跡が出来るので見てほしいというご依頼も頂きました。

ブルーテックとは、ベンツのクリーンディーゼルの名称です。エンジン内部の改良によって排出ガスの生成を最小限に抑え、触媒のシステムにより問題になっていた黒鉛を99%除去するなど環境対策をしたディーゼルエンジンです。

特にメルセデスベンツでは独自のインジェクターと触媒コンバーターを用いており、排出ガスにアドブルー(尿素水溶液)を噴射してその熱反応によってアンモニアを生成して触媒を通過させ、害がない窒素と水に分解しています。

ブルーテックエンジン自体は高性能で燃費も良く、環境にも優しいのですがメンテナンス面で考えるとガソリンエンジンと比べて、部品点数が多く、何か故障があった時の作業等が少々大変になるケースもあります。

今回のE350でもガソリンエンジンでは付いていない部品等があるので外していく点数が多いです。

エンジンの後ろ側、エンジンとミッションの継ぎ目からオイル漏れが下記の写真になります。
通常であれば、リアクランクシールの交換を行うのですが、E350ブルーテックの場合他にも疑う箇所があります。
まさにこの車両はそこから漏れていました。


スターターモーターを取り外し、リアクランクシールよりも上側を点検するとオイルが垂れてきた跡があり、この場合はエンジンVバンク間にあるオイルクーラーからのオイル漏れが原因になります。

従来のエンジンであれば、インレットマニホールドを外せばアクセス出来るのですが、E350ブルーテックの場合は吸気側と排気側の位置が逆に設計されている為、アクセスするのにエキゾーストマニホールドやタービン等様々な部品を外さなければなりません。

オイルクーラー交換時に必要なガスケットやオーリングの見積もりを同時に行い、ホース類やパイプ類はお客様と打ち合わせを行い、再使用出来るものは再使用して修理費用を削減しています。

こちらが、オイル漏れを起こしていたエンジンのオイルクーラーです。
弁当箱のような形をした部品になり、周辺にはオイルが池のように溜まっておりました。

このオイルクーラー付近には、タービンへの吸入空気量を制御しているシャットオフモーターが取り付けられており、オイル漏れの影響で内部不良を起こしてしまいエンジン不調(エンジンストール)の原因になりますので、オイル漏れの早期修理が必要になります。

修理作業後、入念にロードテストを行い症状が改善している事を確認し作業完了となりました。
マーキーズでは、今回の様な重整備の他にトラブルシューティングや板金塗装等も行っておりますので、お車の事でお困りの場合お気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせは、電話、メールの他にラインでも承っております。

皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

メルセデスベンツ Sクラス W221 (S350) オイル漏れ修理

マリオットマーキーズブログをご覧頂きありがとうございます。

今回、ご入庫いただいたお車はこちら!

sクラス s350車検

メルセデスベンツのSクラスW221(S350)です。車検でご入庫いただきました。

テスター診断を含めた法定24ヶ月点検を行うと、エンジンオイルフィルターのブラケット(土台)からのオイル漏れを確認しました。
この272エンジンでは定番の整備箇所です。ブラケットの下にはパワーステアリングポンプが付いており、ブラケットからのオイル漏れによってポンプ本体にダメージを与えてしまうケースがあります。

オイル漏れ

オイル漏れで茶色になっている箇所がオイルフィルターブラケットです。
先ずは、オイルフィルターブラケットのオイル漏れ修理作業を行っていきます。

このエンジンの場合外したい部品に直接アクセスする事が出来ない為サーモスタットやエアポンプ、Vベルト廻り等を外す必要があり手間のかかる作業となります。

今回はブラケット本体はオイルストーンで研磨して表面を整えてパッキンのみ交換にて対応して費用を抑えております。
またオイルフィルターブラケットには水冷式のオイルクーラーがついており、オイルクーラー取り付け部にもガスケットが組み付けられておりますのでこちらも同時に交換します。

交換作業後、エンジン冷却水が抜けましたのでのしっかりとエア抜き作業を行い、試運転後異常が無い事を確認し作業完了です。

オイル漏れは定番箇所ですが場所によっては目視では難しいところがあります。
駐車場に滴るほどのオイル漏れや煙がでる・・・という時は、オイル漏れがかなり進行している状態で危険です。

オイル漏れは2次被害を及ぼしてしまう可能性がかなりありますので車検点検時見つけましたら、しっかりと修理しましょう!

メルセデスベンツ Eクラス(W211) E280 車検でご入庫頂きました

マリオットマーキーズブログをご覧頂き誠に有難う御座います。

今回、ご入庫頂いたお車はメルセデスベンツのEクラス(W211)E280です。

ベンツ Eクラス(W211) E280 車検

特に気になるところは無いという事でしたが、隠れた故障や保安基準不適合な箇所が無いかを点検する為法定24ヶ月点検を実施いたしました。
W211の272エンジンではよくある箇所ではありますがシリンダーヘッドカバーよりオイル漏れを確認しました。

オイル漏れ

お客様に状況の説明と打ち合わせを行い修理作業を行います。

修理作業では、ヘッドカバーに取り付けられているブローバイホースを取り外して作業を行います。
経年劣化によりホースが硬化し、再使用するとオイル漏れの原因となる為ヘッドカバーガスケット交換時には同時交換が必要です。

交換部品
交換部品

交換作業後、試運転を行い症状が改善されている事を確認し作業完了となりました。

オイル漏れがあると車検も取得することができません。
今回w211の弱点であるヘッドカバーからのオイル漏れ修理を行い無事車検取得することができました。

EクラスW211もご愛顧いただくお客様も多くいらっしゃいます。
W211の整備実績も豊富なマリオットマーキーズへお任せください。

ベンツ車検 Gクラス(W463)G550 ゲレンデヴァーゲン クランクシールオイル漏れ 故障修理

ベンツ24カ月車検点検でご入庫頂きました、Gクラス(W463)G550 ゲレンデバーゲンです。

G550 ゲレンデヴァーゲン

駐車場の床にオイルが垂れるとの事で車検点検と同時にオイル漏れ点検も行います。
オーナー様からエンジンとミッションの繋ぎ目辺りから漏れが有るので、それ以外にも漏れ箇所が有れば直したいとのご要望を頂きました。
点検を進めて行きますとオイル漏れとして認識出来たのはご要望箇所のみで有る事が判明しましたので、状況をお知らせして修理作業となりました。

 Gクラス(W463)G550 ゲレンデヴァーゲン クランクシールオイル漏れ 故障修理

トランスファー及びトランスミッションを取り外すとミッションのトルクコンバーターと接続されるドライブプレートが顔を出します。

 Gクラス(W463)G550 ゲレンデヴァーゲン クランクシールオイル漏れ 故障修理

ドライブプレートを外すとオイル漏れの原因となっているクランクシールが見えてきます。
クランクシールとは、クランクシャフトの取り付け部からオイルが漏れないようにするシール部品です。

シール性が低下してくるとクランクシャフトの回転によりオイルが外側にかき出されるようになる為、漏れ方が派手になってしまいます。

 Gクラス(W463)G550 ゲレンデヴァーゲン クランクシールオイル漏れ 故障修理

クランクシールはこのように大きなフランジにはめ込まれる状態で取り付けされています。

 Gクラス(W463)G550 ゲレンデヴァーゲン クランクシールオイル漏れ 故障修理

シールフランジを外したエンジン側の画像です。

 Gクラス(W463)G550 ゲレンデヴァーゲン クランクシールオイル漏れ 故障修理

フランジを洗浄後、クランクシールを規定位置に装着しフランジにシーリング剤を塗布後、組み付けていきます。

更にシーリング剤を予防箇所にも塗布し再発防止を図ります。
後はミッション等を外した逆の手順で戻していけば作業は完了です。

メルセデスGクラス(ゲレンデヴァーゲン)の整備は専門知識のあるマリオットマーキーズにお任せ下さい。

メルセデスベンツ Sクラス(W221) S600 車検点検 経年箇所

マリオットマーキーズブログをご覧頂き誠に有難う御座います。

ベンツ Sクラス(W221) S600 車検点検

今回メルセデスベンツ車検でご入庫頂きましたのはSクラス W221型 S600 です。

最高グレードにふさわしい風格とスペースいっぱいに積み込まれたエンジンは他を圧巻する迫力が有ります。
最近になりエンジンの振動が気になるとの事で車検点検と併せて診断を行って行きますとエンジンに不調等は見当たりません。
更に診断を進めていきますと、エンジンを支えているマウントが潰れきっている状況で有る事が判明しました。

ベンツSクラス S600 エンジンマウント

ベンツ Sクラス(W221)車検点検マウント

画像右側が車両に取り付けされていたエンジンマウントになります。
厚いゴムの中にグリスが封入されエンジンの振動を吸収するのですが、ゴムが完全に潰れて中のグリスも流れ出て来ている状況でした。

ゴム部分はどうしてもへたりが出やすい箇所です。w221もモデルチェンジから早くも5年が経ちます。
車検点検での要チェックポイントです。

Sクラスのエンジンマウントは場合によりエンジンを降ろさなければ交換が出来ません。
今回はエンジンのオイル漏れ修理の為にエンジンを降ろす事になりましたので、マウントも併せて交換が出来る状況となりました。

エンジンマウント交換

画像左側の新品マウントと比べますと、いかに潰れきっているかが良く分かります。
そしてこのエンジンマウントは他と比べてひと回り程大きいのも特徴です。

S600の大きく重いエンジンを支えるのですから必然と言えますが、このマウントをヘタらせてしまうのですから、いかにエンジンがパワフルなのかが逆に分かります。

こういった重整備も経験豊富な専門店だからこそ可能と言えますので、メルセデスの車検、点検、整備はマーキーズへご相談下さい。

メルセデスベンツ Mクラス(W164)車検整備レポート よくある事例/オイル漏れ/パワステ

メルセデスベンツ車検整備でご入庫頂きました、Mクラス W164です。
車検点検を行ったところパワーステアリングポンプ本体からオイル漏れが発生していました。

ベンツ Mクラス車検よくある事例

ポンプ中心軸のオイルシールから漏れ出している状態です。オーバーホールでの対応が出来ない為にポンプ本体を交換します。

ベンツ Mクラス車検よくある事例

パワステポンプ本体を取り外した状態のエンジンです。
ポンプのすぐ下にはエアコンのコンプレッサーが有り、漏れたパワステオイルでかなり汚れています。
これをそのままにしておくと、エアコンコンプレッサーの故障を招く可能性が高まります。

ベンツ Mクラス車検よくある事例

漏れたオイルで汚れた周辺を洗浄し、新しいパワステポンプを装着したところです。

ベンツ Mクラス車検よくある事例

パワステポンプの上にパワステオイルタンクが装着し、これで作業も一段落です。
この後にパワステオイルを補充し、エンジンを始動させてパワステシステムに入り込んだエアーを抜きます。オイル漏れも止まり、オイルレベルが規定量になれば作業完了です。

パワステポンプのオイル漏れは車検点検ではよくある修理事例です。
Mクラスの車検・修理整備も数多く扱っておりますので、Mクラスの車検はマーキーズへおまかせください。

メルセデスベンツ Gクラス(W463)G550車検点検 エンジンオイル漏れ

メルセデスベンツ Gクラス G550を車検整備にてご入庫頂きました。
Gクラスの販売でも力を入れている弊社にメンテナンスもお任せください。

車検点検を進めて行くとエンジンからオイル漏れが発生している事が判明しました。

W463 Gクラスでは事例の多いオイル漏れです・・・。
Gクラスにかかわらず輸入車は経年使用からのオイル漏れはどうしても避けられない箇所です。

エンジンの最上部に当たるヘッドカバーからのオイル漏れです。
車高の高いGクラスですので作業が一般車両に比べて少々大変です。

エンジン上部の化粧カバーとヘッドカバーを外すと、カムシャフトやロッカーアームなどが顔を出します。
エンジン熱がこもりやすい場所になる為に、ヘッドカバーのパッキンは傷みやすく、事例は非常に多い箇所となります。

ヘッドカバー裏側

取り外したヘッドカバーの裏側になります。カバーの外周に黒い溝のように見えるのがパッキンです。

理論的にはヘッドカバーに厚みを持たせ、太い溝が入れられればパッキンも厚みの有る物を使用し耐久性が上がるのですが設計上この寸法で有ると考えざるを得ません。

同様に反対側のバンクもパッキンの交換作業を行います。オイル漏れは保安基準にも関わる内容ですので車検の際には修理が必要です。
また、漏れたオイルは二次災害の引き金になる事も有りますので、早期修理が転ばぬ先の杖となります。

車検以外でも一年点検も随時キャンペーンと合わせ行っております。
オイル漏れを発見しましたら修理実績豊富な輸入車専門店のマーキーズにお任せ下さい。

メルセデスベンツ Sクラス エアコン修理

本日ご紹介するのはこれからの季節に増えてくる修理のご紹介です。

1番多いのは何と言ってもエアコンですね。
今回はメルセデスベンツSクラスでご説明します。

メルセデスベンツ Sクラス エアコン修理

近年のメルセデスベンツは電子制御化が進み、昔のような修理では対応できなくなっていますね。
エアコンの制御も大きく変更しており、テスターなどを使用し的確に診断をしなくてはいけなくなっています。
今回はA/Cコンプレッサーの不良で圧力が上がらずエアコンが効かない状態でした。

メルセデスベンツ Sクラス エアコン修理

取り外しはそんなに大変ではありません・・・・・

メルセデスベンツ Sクラス エアコン修理

同時交換する部品などは今も昔も変わりませんね。
変わっているのは制御ですので。

メルセデスベンツ Sクラス エアコン修理

今回はW221 Sクラスでお話ししましたが、EクラスもCクラスも全て同じです。
お早目の点検・修理をお勧めします。
室内の温度調整ができない?冷気がでない・暖房の温度がおかしいなど空調の不具合がありましたら相談してください。暑くなってからでは大変ですよ。

メルセデスベンツSクラスメンテナンス よくある事例 エアコン

今回はメルセデスベンツSクラスW221型メンテナンスのご紹介です。
最近多いエアコンが効かない事例。
近年の車両は昔のアナログ的なコンプレッサーと違い可変容量タイプと言ってより細かく管理を行いエアコンシステムを制御しております。
テスターをつなげてガスが入っているとか入っていないとかでは診断出来ません。

目視点検

また、目視点検は非常に重要で見た目で漏れている箇所などが特定できる場合があります。

ガス漏れ""

今回のケースではコンプレッサー本体よりガス漏れが確認出来ましたので交換作業に進みます。

同時交換推奨レシーバーやエキパン

今も昔も同時交換推奨がレシーバーやエキパンですね。
エアコンのこの基本システム部品は今もあまり変わりません。

コンプレッサー

こちらがコンプレッサーです。

コンプレッサー

今回の場合はコンプレッサーを交換し修理は完了しましたが、中にはスタンドなどでガスを入れすぎて効かない車輛も見かけます。
ベンツはテスターで計測しながら規定量を入れないとエラーを感知し車輌側がエアコンのシステムを停止してしまうんですね。
冷房は冬でも使用しますし車に乗るには必須の装備となります。

効きが悪くなったら、補充してごまかすなどの修理ではなくマーキーズにご相談ください。

お問い合わせはこちら
今月のキャンペーンはこちら マリオットマーキーズ スタッフ募集!

ベンツ車検

ベンツ修理

板金修理 塗装

点検

マーキーズについて

その他のサービス

Gクラス整備サイト

万が一の事故修理の際まずはマーキーズにご相談ください

ベンツ修理か売却かお悩みの方へ

並行輸入車整備可能

個人間売買向けメンテナンス車検・名義変更・整備

レンタカーサービス

facebook

twitter

blog

「Gクラスを知り、Gクラスを楽しむ」

専門誌「G-CLASS PERFECT BOOK」にマリオットマーキーズが紹介されました!

各種お問い合わせ

お電話でのお問い合せはこちらから

各種お問い合わせフォーム

必要事項をご入力ください。(必要事項)

板金画像添付フォーム

ご連絡先

●お名前
●ふりがな
●電話番号
●メールアドレス
●お問い合わせ内容




お問い合わせ内容詳細(簡単で構いません)

お車について

車種名・グレード
●こちらからのご連絡