Gクラス(ゲレンデバーゲン)車検整備

電話番号
Gクラス整備メールお問い合せはコチラ


お問い合せはこちら
電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

Gクラス技術ファイル
  • Gクラス車検
  • Gクラス修理
  • 技術ファイル
  • Gクラスカスタム
  • メルセデスベンツ板金
  • Gクラスビューティ
  • 入庫の流れ
  • よくあるご質問
  • 輸入車ウェルカムメンテナンス
  • Gクラス ゲレンデヴァーゲン 販売 2017モデル
  • Gクラス カスタム ドレスアップedition463
  • お問い合わせフォームはこちら

Gクラス W463 エアコン修理

車種 W463
年式
故障症状 エアコン効かない修理

エアコンの点検はガス圧力、漏れの有無、各部作動状態の確認、各部目視点検などから初めます。 コンプレッサーの点検ではONにした際にガス圧力があるか、圧力は正常値なのか、コンプレッサーまで電源電圧が来ているかなどを見ます。 今回は漏れが症状の原因でしたので、漏れが発生していたコンデンサーの交換と、経年劣化により出力が弱くなっているコンプレッサーASSYの交換を行いました。高年式になりますと突然故障が起きますので、違和感がありましたら早めの点検がオススメです。

メルセデスベンツ Gクラス G500 車検 足回り整備

車種 W463 G500
年式
故障症状 タイロッドエンドブーツに亀裂

メルセデスベンツGクラスG500 車検整備にてご入庫いただきました。
グリルバーが付いていますので外してからの点検になります。 早速、点検を進めていくと、Gクラスの定番であるフロントのタイロッドエンドブーツに亀裂があり、完全にブーツが切れてグリス漏れをおこしている状況です。
タイロッドはステアリングを操舵する箇所になりますので重要な部分です。

gclass-g500gclass-g500

gclass-g500gclass-g500


Gクラスのタイロッドは前後に分かれているタイプになっています。フロント側はタイロッドエンドのみでは部品供給がなくタイロットとタイロットエンド一体で部品供給されています。
今回は足廻りがメインの修理でした。パーツ交換後、アライメント調整を行い、車検も問題なく取得して完成です。

メルセデスベンツ Gクラス W463 パワーステアリングポンプ オイル漏れ

車種 W463
年式
故障症状 パワーステアリングポンプ オイル漏れ

シーズンチェックで御入庫されたW463です。
点検したところ、パワステポンプ本体からオイル漏れが発生しているのを発見しました。 オイル漏れをこのままにしておくと、オイル不足を招き、ポンプ本体が故障しハンドルの補助機能が効かなくなる恐れが出てきます。

tech215_1tech215_1

tech215_1


特にGクラスは車重が重いため、補助機能が使えないとハンドルが重すぎて走行が困難になります。 パワステポンプ本体から漏れてしまうと、修理が出来ませんのでポンプ本体の交換になります。
交換作業を行い、オイル漏れがないことを確認し作業完了となりました。

メルセデスベンツ G55 W463 AMG 車検 各ベルト交換作業

車種 G55 W463 AMG
年式
故障症状 ベルト劣化

車検でご入庫されたG55です。点検を進めていくとエンジンのファンベルト及びテンショナー、S/Cベルトに劣化が進んでいる事がわかりました。
ベルトの劣化は、異音の原因になるだけでなくベルトが切れてしまう原因となります。

gclassgclass

gclassgclass


ベルトが切れてしまうと、パワステが効かなくなる他バッテリーが充電されなくなる為最終的にはエンジンがかからなくなる原因になりますので定期的な交換が必要です。 ベルトを交換し、ロードテストを実施後車検を取得致しました。

Gクラス(ゲレンデヴァーゲン) W463 G500 雨漏り 点検修理

車種 W463 G500
年式
故障症状 雨漏り点検修理

洗車をしていた所、雨漏りが発生との点検依頼です。

早速現象確認のためシャワーテストを実地します。シャワーテストを開始して10秒ほどで車内、サンルーフ付近からかなりの量の雨漏れが発生しました。原因を特定するためシャワーテストを何度も繰り返し悪い所を特定していきます。

gclassgclass

点検の結果、サンルーフのウェザーストリップの劣化により雨漏れが発生していることがわかりました。ウェザーストリップの交換作業にて無事雨漏れが止まり作業完了です。

Gクラス(ゲレンデバーゲン)W463 アクセルペダル破損修理

車種 G500
年式
故障症状 アクセルペダル破損修理

アクセルペダルが破損してしまったとの修理依頼です。

まずは現車を確認、アクセルペダルがあったであろう場所には棒が一本生えているだけ、ペダル破損ですね…ある年式以降は新しいユニット型ペダルが取り付けられているのでこれは古い方のタイプです。

gclass02bgclass02c

古いタイプはセンサーに繋がる棒に樹脂製のペダルが簡易に取り付けられているだけですので何千、何万回というペダル操作で樹脂が割れ取れてしまいます。反面シンプルな造りですので 樹脂製のペダルのみを交換すれば作業終了です。

Gクラス(ゲレンデバーゲン)W463 A/Tオイル漏れ修理

車種 G500
年式
故障症状 A/Tオイル漏れ

オイル漏れがあるとの修理依頼です。

早速車両をリフトアップし診断開始です。足回りこのGクラス特有のオフロードな造りですがエンジンやミッション等はSクラスやEクラスと殆ど共通ですので基本的な構造やそれに伴うウィークポイント も一緒です。

gclass02gclass03

今回もオイル漏れ診断を進めていくとA/Tオイルパンパッキンよりオイル漏れを発見しました。Gクラスには車両下部を覆う様なアンダーカバーはありませんので漏れがあるとすぐににわかりますね!今回はA/TパンパッキンにEGSカプラーの定番セットを交換して作業完了です。

メルセデスベンツ Gクラス車検

車種 W463
年式
故障症状 車検整備

車検で入庫のメルセデスベンツW463Gクラスの入庫です。定番のリンク類やハブ回りのメンテナンスが中心です。

お話した所、オーナー様も花粉症で苦しいとの事・・・・・早速BOSCHのキャビンフィルターを紹介させていただきました!

Gクラス(ゲレンデバーゲン) 車検整備でご入庫

車種 G500L
年式
故障症状 車検整備

車検整備でご入庫いただきました。

また他に、内装のきしみや、助手席ドア内張りとエアコンパネルの角が接触しているのでそれらの改善、運転席側パワーウィンドウ不良のご依頼もいただきました。

gクラス車検 gクラス車検

まず、法定24ヶ月点検では、ベルト廻りの経年劣化、ステアリングリンクロッドのブーツに亀裂が入っていましたのでこちらは交換となりました。他、ご依頼事項の助手席ドア内張りとエアコンパネルの角の接触については、オーナー様も以前ご自分で調整しようと試みたそうですが位置が変わらなかったとのことで、パネルの間にクッション材を挟んで干渉の対策をされている状況でした。早速ドア内張りをはずして点検を行ったところ、各所ピンがはずれており内張りパネルがずれていました。こちらは再度留め直し、本来の位置に戻すことができました。

Gクラス(ゲレンデバーゲン) ローダウンサス交換

車種 W463
年式
故障症状 ローダウンサス交換

車高を下げたいと入庫のGクラスです。 まずは、お客様と入念に打ち合わせを行います。どのくらい下げたいのかアルミホイールは何インチかオフセットはどのくらいにするかなど事前打ち合わせが必要です。
次にサスペンションのメーカーやスプリングのメーカーを決めて煮詰めていきます。全ての打ち合わせが完了したら作業に入ります。全てお任せでも大丈夫です。

g01 tech04

作業内容はスプリング交換ですが、通常のメルセデスベンツと違い、スプリングが非常に長いので取り付けるには少々大変です。フロントアクスル及びリヤアクスルを大幅に下げないとスプリングが抜けません。ブレーキホースやABSセンサーとも長さが決まっていますので、切り離しての作業になります。
また、Gクラスは取りつけられている、ボルトナットが固い!優秀なメカニックでも力がないと・・・・キツイかもしれません。 交換後は前後ともに4センチ以上車高が下がり、アライメント調整を実施いたします。 完成後は、打ち合わせ通りとなり、オーナー様にも喜んでいただけました。


menu
電話番号
Gクラス整備メールお問い合せはコチラ

ベンツ車検早期車検入庫予約フォーム
ページトップへ