ベンツ車検 修理専門店・マリオットマーキーズ

メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ・AMG板金塗装

ベンツ・AMG板金修理

マーキーズでは、少しのキズ・凹みの修理から事故車のボディ修復、外装部品交換などの車体修理作業全般にあたる板金作業と、エアロの取り付けボディカラーの塗装作業を行っています。

板金塗装

板金とは新車に戻すのではなく、元の状態に復元すること。つまり、車の基礎となる部分を損傷前の形状に復元していく作業のことですが、見た目だけで元の状態に復元していればそれでいいわけではありません。

車の基礎となるボディやシャーシを修正する下地作業には、確かな技術とお車の損傷状態に合った修復方法が必要です。

確かな技術力と最新設備、そしてこれまでに蓄積されたノウハウを活かし、お客様のベンツにとって最善の修復方法を提案します。また、板金修理後も安心のアフターケアも充実しています。

板金修理にまつわるここだけの話

ベンツ板金修理

板金の「軽作業」や「格安修理」といった宣伝文句がうたわれるようになってからでしょうか、今の業界は品質よりも格安で仕事を請ける傾向もあって仕事全体の質が落ちています。実は板金作業というのは整備と違い完全に技術(手間)の仕事になるため、安すぎる金額だと作業工程も仕上がりもそれなりの程度になってしまいます。

元通りに戻したくて直したはずのお車のボディの傷なのに、金額だけでお店を選んだがために肝心な仕上がりが…なんてことになってしまっては元も子もありません。当社では、他の板金工場で作業した箇所の再修理も引き受けますのでご相談下さい。

  • 板金修理をしたのに仕上がりが悪い
  • 数年前に直したはずの箇所が、最近目立つようになってきた
  • 修理箇所と廻りのボディの色が違う

何故ディーラーは高いのか

「ディーラー=高い」というのが一般的なイメージですが、実際にディーラーに見積もりをとったオーナー様からも確かによくご相談を受けます。そこで、何故ディーラーは修理代が高いのかお話しましょう!

板金

※写真は商品車です

ディーラーで修理すれば間違いない」という話をよく聞きますが、ディーラーがお客様から依頼を受けても実際に車を修理するのは、実は下請けの板金工場。マーキーズもディーラーからの修理依頼を受けています。つまり、ディーラーに依頼するということは仲介者に依頼していることになるため、自動的に中間マージンが発生する形となり、結果的に修理代が高くなるのです。

逆に安いイメージのあるガソリンスタンドの板金修理も下請けの板金修理に依頼をしていますので、結局修理代の中に仲介(中間)マージンが含まれているということになります。また、「輸入車」というだけでその分高い金額を提示してくる業者もいます。

板金修理・比較

輸入車の板金修理こそ、修理実績が豊富で高度な技術力を持つ修理工場に直接ご依頼されることをおすすめします。マーキーズがクオリティを落とさず適正価格で輸入車の板金修理を行っている秘密も、実はここにあるのです。

マーキーズの板金修理5つのこだわり

1.少しのキズ・凹みから大クラッシュの事故まで

ベンツ 板金塗装

車の板金修理と一口に言っても、石や砂などでできた細かなキズや、バンパーのすりキズ、パネルのカット交換、またボディやシャーシ自体の大きな損傷によるフレーム修正が必要な修理など、損傷の程度は様々です。特に事故で歪んだボディやシャーシは走行に重大な影響を与えます。
マリオットマーキーズでは、板金のプロが持っている知識・技術、そしてフレーム修正機で、ミリ単位までボディを補正し事故車も事故前の状態に戻します。

板金キズ

お車がどのような損傷状態でも、お客様のご負担を少なくし、元の状態へ復元することをモットーに板金修理しています。弊社では、長年様々な損傷状態のベンツに対しての板金修理実績があるため、ご予算に応じた修理内容をご提案できます。

キズや凹み等の板金修理をためらっていた方、是非弊社の板金修理品質をご実感ください。

2.部品交換のみに頼らず、修理できる箇所は修理します

板金塗装の作業内容は、主に板金修理・部品交換と塗装に分けられ、コストも板金修理内容(作業工賃代)や部品交換の有・無(部品代)などで異なってきます。また、金額だけでなく、作業の質により車本体にも大きく影響します。

マーキーズでは、板金等で修理できる箇所は修理し必要なものを必要なだけ交換するなどして、できるだけコストを抑えた形で修理します。

一般的に交換となる場合が多いバンパー等のPP(ポリプロピレン)製の樹脂部品もできる限り交換は避け、通常なら簡単に交換してしまうような小さな部品も、再使用できるものは再使用し修理します。

3.保険修理もお任せください

ベンツ事故修理

事故時の板金修理や自損事故時の損傷状態によっては、保険を使い修理することが一般的だと思います。しかし、お客様に代わって修理費用を支払う保険会社は、修理代を極力安く抑えたいと考えています。

実際、私たちがここは交換すべきだと思う個所でも、保険会社は「板金修理で何とかお願いしたい」と言ってきます。
ですが、マーキーズは輸入車のプロであり、輸入車オーナー様の車に対する想いも心得ていますから、当社の修理見積もりに対して保険会社が低い金額を提示してきた場合にも、お客様の大切な愛車を完璧に復元する為に、お客様の代わりに全力で交渉します。

4.国産車から輸入車まで、どんな車にも対応します

修理風景

マリオットマーキーズでは、ベンツ以外の輸入車はもちろん国産車まで対応しています。ご家族やご友人で板金修理でお困りの方がおられましたら、是非ご連絡下さい。【無料見積もりフォームはこちら

5.マーキーズの板金修理で安心のカーライフを

板金修理

※写真は商品車です

見た目で元の状態に復元していればそれでいいわけではありません。完成時には塗装で覆われているため作業の仕上がり具合を外観では判断することはできませんが、車の基礎となるボディやシャーシを修正する下地作業には、確かな技術とお車の損傷状態に合った修復方法が必要です。

見えない部分では補修・補強による強度を、見える部分では錆などからくる腐食防止の耐久性を確保することにより、修理後もお客様に安心してカーライフを送っていただけると私たちは考えております。

ご来店いただき実際の板金修理箇所を拝見させていただければ確実ではありますが、板金画像付きメールフォームもご用意しております。

まずはお気軽にご相談ください。

ベンツ・AMG塗装

輸入車に乗っているお客様の中には、ボディの塗装はディーラーでしか同じ色にならないと思っている方も少なくないと思います。そもそも新車塗装と補修塗装では、塗装方法が異なっているため、使用する塗料も異なってきます。ですのでディーラーでもそれ以外の板金塗装工場でも、色を調合して現車に合わせる作業は変わらないのです。 変わってくるのは、作業者の技術力!

ベンツならではの絶妙な塗装は専門店のマーキーズにお任せください

ボディの状態に合わせ補正します

カラーの種類は、大きく分けて「ソリッド塗装」「メタリック塗装」「パール塗装」があり、そこから更に2コート、3コートといった塗装回数も分かれてきますので、内容も違ってきます。ボディカラーと全く同じ色を作るには、数種類の塗料を混ぜ合わせる「調色」という作業が肝心になります。

マリオットマーキーズでは、メーカーが新車時に調合する数千色に及ぶデーターをもとに、板金のスペシャリストが使用状況によりコンディションの違うベンツの塗装を厳しくチェック、紫外線での塗装やけや、色褪せしているボディも現車に合わせ色調し完全に補正します。 また、修理箇所周辺のボディまで施工しますので違和感なく仕上げます。 お客様の望む、限りなく新車時のコンディションに近づけます。

塗装の種類・目的

塗装には、キズ・凹み修理のための塗装だけでなく、それぞれの目的に応じた塗装の種類があります。

塗膜表面の傷、ボディの凹みの修復

ボディの塗膜表面に生じた傷、凹みなどをパテ付け、研磨修正して塗装を施します。傷や凹みの状況によっては、パネル1枚塗装する場合と部分的にぼかして塗装する場合があります。

錆び、腐食が生じたパネルの修復

長期間、または沿岸部などで使用される車のパネルに錆びや腐食が生じた場合、修復して復元します。錆びの進行もあり、内容も根底からの処理になります。

不良塗膜の再生塗装

長期間の使用で、経時変化による退色や、老化して割れや剥がれを起こした塗膜、酸性や汚染物質などで侵され、変色したり、色あせた塗膜の再生を行います。全塗装が必要な場合(レストア)と、部分的に処理ができる場合があります。

事故車の復元塗装

交通事故や障害物との接触などで破損した車輛に板金修理を施し、塗装して復元(=事故前の状態に戻すこと)します。

中古車の商品性の向上

中古車を商品として見た際に、傷や凹みがあると価値も落ちるため、商品性を高め見栄えを良くする為の塗装です。

指定色塗装

会社の営業車や傷が多い車輛、またイメージを変更したい車輛に対して行います。宣伝をかねての塗装と、オールペイントなどの指定された塗装があります。

板金塗装オールペイント

ベンツ板金画像添付メール

各種お問い合わせ

お電話でのお問い合せはこちらから

各種お問い合わせフォーム

必要事項をご入力ください。(必要事項)

板金画像添付フォーム

ご連絡先

●お名前
●ふりがな
●電話番号
●メールアドレス
●お問い合わせ内容




お問い合わせ内容詳細(簡単で構いません)

お車について

車種名・グレード
●こちらからのご連絡
  • 電話を希望する
  • メールを希望する
  • どちらでもよい