ベンツ修理 板金整備 車検点検 |

マリオットマーキーズ ベンツ車検 ベンツ修理 東京 整備専門サイト
匠の技

メルセデスベンツ車検 故障修理専門工場

お問い合わせ
ボッシュカーサービス

メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ

ベンツ車検 修理専門店・マリオットマーキーズ

ベンツ車検 修理専門店・メインイメージ
クラス別修理費用一覧

EクラスW211修理費用一覧

TOP > ベンツ修理費用一覧


1 Fベルト交換 ¥2,000~ 9 テスター診断 ¥6,000~
2 各アイドラー交換 ¥1,500~ 10 Fブレーキパット交換 ¥4,000~
3 各テンショナー交換 ¥1,500~ 11 Fブレーキローター交換 ¥9,000~
4 エアエレメント交換 ¥2,000~ 12 サスペンション交換 ¥10,000~
5 A/C フィルター交換 ¥2.000~ 13 Rブレーキパット交換 ¥4,000~
6 ロアアーム交換 ¥9,800~ 14 Rブレーキローター交換 ¥9,000~
7 ラジアスアーム交換 ¥9,800~ 15 ブレーキオイル交換 ¥2,000~
8 エアサスコンプレッサー交換 ¥10,000~ 16 各スタビライザーリンク交換 ¥4,000~

Eクラス(W211)の概要

2002年に登場した、3代目Eクラスです。トラブルで多いのが、各所オイル漏れとエアサスの故障です。足回りのブッシュ類も弱く、定期的な交換がメルセデスベンツのハンドリングを維持できるポイント。また、異音などのトラブルも多く、少しでも今までと違いを感じたら専門店での修理が理想です。


No.235 ベンツ EクラスW211(E300)車検オイル漏れ修理


メルセデスベンツW211 EクラスE300グレード 車検にてご入庫頂きました

車検にてご入庫頂きましたメルセデスベンツのEクラス(W211)です。
法定24ヶ月点検を実施したところ、エンジンからのオイル漏れを確認しました。
漏れ箇所はエンジンのシリンダーヘッドカバーとリアクランクシールからの2箇所でW211では定番のトラブルですね。

オイル漏れは保安基準不適合となる為修理が必須です。お客様と打ち合わせを行い修理作業を行いました。W211の場合、パッキンを交換するだけではすぐに漏れが再発してしまいますので取り付け面の清掃、面出しを入念に行い組み付けを行います。
修理作業後、試運転を行い異常が無い事を確認し作業完了です。


No.233 ベンツ Eクラス(W211)ウインドウガラスに傷 修理


ウインドウガラスに傷
点検時にウィンドウガラスのキズを発見しました。飛び石の可能性が考えられます。高速走行中、前の車両から巻き上がった小石等によって発生するガラスの傷。意外と大丈夫と思われてしまいますが盲点です。この小さい傷からガラス全体に行き渡る程にヒビが入る可能性があります。車は走行中ボディにねじれが発生し、その時に若干ですがガラスにも負荷がかかり割れると言ったケースがあります。マーキーズではガラスASSY交換も承っていますが、部分的なガラスリペアも承っています。こちらはその点だけの修理ですので予算も押さえられご好評いただきました。

No.230 ベンツ Eクラス w211 車高落ち及び足廻り異音修理


車高が落ちてしまい上昇しない、走行中に足廻りから異音が出る
まずはシステムテスターを使用してエアーサスペンションの各所作動チェックから開始していきます。 エアーサスペンションポンプの作動を確認したところ異音なども無く作動します。 それと同時に車高が上がり始めたのですが、車高が落ちてしまっているサスペンションから勢いよくエアーが漏れてきました。 車高落ちの原因はエアーサスペンション本体からのエアー漏れである事が判明しました。 次に異音の原因を探っていきます。足廻り各所を入念にチェックを行っていくと定番と言えるボールジョイントから異音が出ていました。 ジョイント部分にガタが発生している事により異音が出ています。 改善にはジョイントが付くアームごとの交換が必要です。 全ての作業が完了し、車高の保持と異音の有無を確認し作業了です。

No.228 ベンツ Eクラス w211 E55 車高下がり


  • メルセデスベンツ W211 E55 車高下がり
  • メルセデスベンツ W211 E55 車高下がり
メルセデスベンツ W211 E55 車高下がり
車高が落ちてしまったという事でご入庫頂きましたメルセデスベンツのE55です。
駐車場に止めておくと右前の車高が完全に落ちてしまう状態でした。
リフトアップし、細かく点検を行うとエアサスペンションのエアバッグからエア漏れが発生している状態でした。この状態では、サスペンションにエアが充填されず、車高が落ちた状態となってしまいますので 今回は、エア漏れがあった右前のエアサスペンションの交換作業を行いました。
交換作業後、症状が改善し異常が無い事を確認し作業完了となりました。

No.223 ベンツ Eクラス W211 E55 燃料漏れ


  • メルセデスベンツ Eクラス W211 E55 AMG 燃料漏れ
  • メルセデスベンツ Eクラス W211 E55 AMG 燃料漏れ
  • メルセデスベンツ Eクラス W211 E55 AMG 燃料漏れ
Eクラス W211 E55 AMG 燃料漏れ
室内にガソリンの臭いが充満しているという事でご入庫いただいたE55です。
原因を探る為、リアシートを脱着し燃料ポンプ周辺を点検していくと燃料ホースが破れ、ガソリンが漏れ出ていました。
この状態では、ガソリンの悪臭がするだけでなく車両火災の原因となり、非常に危険です。
今回は、周辺の劣化しているホースも同時に交換を行いました。交換後、症状が改善していることをしっかりと確認し作業完了です。

No.222 ベンツ Eクラス W212 ディーゼル エンジン警告灯


  • メルセデスベンツ W212 Eクラス エンジン警告灯
  • メルセデスベンツ W212 Eクラス エンジン警告灯
  • メルセデスベンツ W212 Eクラス エンジン警告灯
車検でご入庫頂きました、ベンツのEクラスW212です。
ディーゼルエンジンのモデルとなり、特有のトラブル事例も上がってきています。
今回は、エンジン警告灯が点灯しているということで法定24か月点検とは別に診断を実施致しました。
ベンツ専用テスターのDASでエラーコードを確認すると、アドブルーのプレヒーター内部にあるレベルセンサーのエラー入力がありました。
ディーゼルエンジンには、排気ガス中に窒素酸化物(NOx)が多く含まれており、大気汚染の原因や人体への悪影響を及ぼします。
NOxを浄化する為に必要になるのがアドブルー(尿素)となり触媒内部に吹きかける事により、排気ガスを浄化しています。
今回は、アドブルーの残量を測定しているレベルセンサーの不良ではありましたが、センサー単品の部品設定が無い為レベルセンサーが取り付けられているプレヒーターとのアッセンブリ交換となります。
交換作業後、症状が改善されていることを確認し作業完了となりました。

No.219 ベンツ Eクラス(E300)ディーゼル エンジンオイル漏れ 修理


  • メルセデスベンツ Eクラス W212 E300 ディーゼルエンジンオイル漏れ修理
  • メルセデスベンツ Eクラス W212 E300 ディーゼルエンジンオイル漏れ修理
  • メルセデスベンツ Eクラス W212 E300 ディーゼルエンジンオイル漏れ修理
駐車場にオイルが垂れていたということでご入庫したW212です。
早速診断を行っていくと、車体下部に取り付けられているアンダーカバーが大量のオイルで汚れていました。
アンダーカバーを外し、見てみますとオイルクーラー、リアクランクシール、エンジンオイルパンの三箇所から漏れが発生している事が分かりました。
それぞれ作業を行うためには、多くの部品点数を外す必要があるのでとても手間がかかります。
クロスメンバーを外す必要も有りましたので同時に劣化が見られるエンジンマウントの交換も行いました。 オイル漏れも振動も収まり、オーナー様も満足の仕上がりとなりました。

No.211 ベンツ Eクラス(w212) 12ヶ月点検


  • メルセデスベンツ Eクラス w212ブルーテック
  • メルセデスベンツ Eクラス w212ブルーテック
  • メルセデスベンツ Eクラス w212ブルーテック
  • メルセデスベンツ Eクラス w212ブルーテック
12ヶ月点検でご入庫です。
お客様より各所漏れのチェックをしっかりと点検してほしいというご要望が有り、車両をリフトアップし下廻り点検を進めたところ、オイル漏れの跡を確認しました。さらに診断を進めるとエンジンオイルクーラーからの漏れであることがわかりました。このオイルクーラーはVバンクの谷間に位置するため、熱の影響を受けやすくパッキンの硬化も早くオイル漏れの定番箇所となっています。

No.209 ベンツ Eクラス(w211) E320 冷却水漏れ修理


  • メルセデスベンツ Eクラス W211 E320 冷却水漏れ修理
  • メルセデスベンツ Eクラス W211 E320 冷却水漏れ修理
  • メルセデスベンツ Eクラス W211 E320 冷却水漏れ修理
冷却水漏れ修理依頼です。
加圧テスターを使用して漏れを確認しました。冷却水系統の各所を見て行きますとウォーターポンプから漏れが発生しているのが確認出来ました。 走行距離も考慮してエンジンベルト廻りの部品、周辺の水廻り部品も同時に交換をしました。 交換作業後に冷却水ラインのエア抜きを行い、冷却水漏れ及びオーバーヒートが無い事を確認し作業完了です。

No.201 ベンツ Eクラス W211 オイル漏れ修理


  • メルセデスベンツ Eクラス W211 オイル漏れ修理
  • メルセデスベンツ Eクラス W211 オイル漏れ修理
  • メルセデスベンツ Eクラス W211 オイル漏れ修理
駐車場の床にエンジンオイルが垂れるということでご入庫されたW211です。
早速リフトアップを行い点検するとエンジンとミッションの継ぎ目からオイル漏れが発生している事が分かりました。 これはエンジンのリヤクランクシールからのオイル漏れです。
修理作業にはミッションの脱着が必須となり大掛かりな作業となります。
クランクシール交換作業後、試運転を行い漏れがないことを確認し修理完了となりました。

その他の車種別修理事例はこちら

ベンツ修理 ベンツ車検 各種お問い合わせ

ベンツ輸入車専門マリオットマーキーズ
  • LINE@でお問い合わせ
  • MAILでお問い合わせ
  • TELでお問い合わせ

お問い合わせはこちら
今月のキャンペーンはこちら マリオットマーキーズ スタッフ募集!

ベンツ車検

ベンツ修理

板金修理 塗装

点検

マーキーズについて

その他のサービス

Gクラス整備サイト

ベンツ車検 修理 今月の入庫予約状況はこちら

万が一の事故修理の際まずはマーキーズにご相談ください

ベンツ修理か売却かお悩みの方へ

マリオットマーキーズ スポンサード レースインフォメーション

並行輸入車整備可能

個人間売買向けメンテナンス車検・名義変更・整備

レンタカーサービス

facebook

twitter

blog

「Gクラスを知り、Gクラスを楽しむ」

専門誌「G-CLASS PERFECT BOOK」にマリオットマーキーズが紹介されました!