東京都 墨田区 メルセデスベンツメンテナンス工場。輸入車・ベンツの車検,修理,販売専門店です。早期車検予約で点検料無料!

マリオットマーキーズ ベンツ車検 ベンツ修理 東京 整備専門サイト
匠の技

メルセデスベンツ車検 故障修理専門工場

お問い合わせ
ボッシュカーサービス

メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ

ベンツ車検 修理専門店・マリオットマーキーズ

ベンツ車検 修理専門店・メインイメージ
ベンツ車検

国が定めている法定24ヶ月点検とは

TOP > ベンツ車検 >  国が定めている法定24ヶ月点検とは


車検(法定24ヶ月点検)とは日本が行う独自の制度になります。
道路を走行する上での最低限必要な内容と保安基準を点検するための制度です。

まずは、次の画像をご覧ください。

※クリックで拡大表示します
法定24ヶ月点検整備記録簿

こちらは、国が定めた保安基準をチェックするための、法定24ヶ月点検用の整備記録簿です。まずは、基準となる点検項目をよく見てください。

SRS警告灯

現在の自動車にはアンチロックブレーキシステム(ABS)横滑り防止装置(ESP)など安全装置が搭載されています。
しかし国が行う法定点検「保安基準」の内容にはこれらの点検項目はありません。搭載されているのに点検の項目が無いのは不思議ですね?
特にメルセデスベンツには最先端の電子デバイスが搭載されており、目視による点検は不可能と言えます。

2017年から警告灯点灯表示があると車検の受付ができなくなりました

車検警告灯

車検の確認調査を行う自動車技術総合機構から変更があり2017年2月保安性の問題から警告灯点灯があると車検の検査を受けられなくなりました。
記録簿には警告灯の検査項目はありませんが、目視でわかる警告灯表示があると検査不可と変更になりましたので、警告灯点灯の原因を診断ししっかりと修理してから車検を取得しなければいけません。

以前は、警告灯が点灯していても検査項目を満たしていれば車検を通せましたが、現代の車は電子デバイスが張り巡らされエアバッグやABS等安全性にかかわる重要な箇所の故障をかかえたままでは自動車の保全は保てません。

法定24ヶ月点検から法定24ヶ月『診断』へ

法定24カ月点検

マーキーズでは通常の点検内容に加え、最新システムの部品が正常に作動しているのかどうかを診断します。過去のエラーや履歴も厳密に点検を行い、現時点でお客様がお乗りになるメルセデスベンツが正常で問題が無いかを確認します。
マーキーズでは、メルセデスベンツを熟知したメカニックが法定24ヵ月点検ではなく法定24ヶ月診断を行っています。 安心して、みなさまのメルセデスベンツをお預けください。

車検点検項目


ベンツ修理 ベンツ車検 各種お問い合わせ

ベンツ輸入車専門マリオットマーキーズ
  • LINE@でお問い合わせ
  • MAILでお問い合わせ
  • TELでお問い合わせ

お問い合わせはこちら
今月のキャンペーンはこちら マリオットマーキーズ スタッフ募集!

ベンツ車検

ベンツ修理

板金修理 塗装

点検

マーキーズについて

その他のサービス

Gクラス整備サイト

ベンツ車検 修理 今月の入庫予約状況はこちら

万が一の事故修理の際まずはマーキーズにご相談ください

ベンツ修理か売却かお悩みの方へ

マリオットマーキーズ スポンサード レースインフォメーション

並行輸入車整備可能

個人間売買向けメンテナンス車検・名義変更・整備

レンタカーサービス

facebook

twitter

blog

「Gクラスを知り、Gクラスを楽しむ」

専門誌「G-CLASS PERFECT BOOK」にマリオットマーキーズが紹介されました!