Just another WordPress site

マリオットマーキーズ ベンツ車検 ベンツ修理 東京 整備専門サイト
匠の技

メルセデスベンツ車検 故障修理専門工場

お問い合わせ
ボッシュカーサービス

メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ
メルセデスベンツ

ベンツ車検 修理専門店・マリオットマーキーズ

ベンツ車検 修理専門店・メインイメージ

TOP > ベンツ車検 > ベンツ整備技術ブログ


車検点検 メルセデスベンツ Eクラス(W211)E320 足回り整備

車検でご入庫頂きました、EクラスのE320グレードです。
W211型は特に多くの車検点検実績があす車種です。

点検を進めて行くとドライブシャフトブーツから内部グリスが漏れ出ている事が分かりました。
この状態では保安基準不適合となり、車検の取得が出来ませんので修理が必要です。

ドライブシャフト両端は自由に可動出来るジョイントになっていますが、動きの滑らかさを維持する為に多量のグリスが使用されています。
そのグリスをゴムブーツを使用し外に出さない構造となっています。ドライブシャフト脱着には画像のように沢山の接続を外す必要が有ります。

上記は取り外されたドライブシャフトです。両端に近い部分に蛇腹になった箇所がドライブシャフトブーツになります。
ゴムのブーツですので、経年により硬化し亀裂が入ったり、ゴム痩せにより隙間が大きくなりグリス漏れを引き起こします。
ゴムパーツは使用にかかわらず、経年劣化する部分です。

ブーツバンドを外し、ブーツを取り外し、内部を分解後に洗浄を行い新しいグリスと共にブーツを組み付けていきます。

組み付けが完了すると、外した時とは見違えるほどの状態になります!

ジョイント部分は滑らかさを取り戻し、動きにスムーズさが蘇りました。
車両側にドライブシャフトを組み込み、走行テストを実施すると走行状態にも滑らかさが伝わってくる様です。
今回はグリス漏れ修理が趣旨でしたが、スムーズな動きを取り戻す一石二鳥の整備となっています。

お問い合わせはこちら
今月のキャンペーンはこちら マリオットマーキーズ スタッフ募集!

ベンツ車検

ベンツ修理

板金修理 塗装

点検

マーキーズについて

その他のサービス

Gクラス整備サイト

ベンツ車検 修理 今月の入庫予約状況はこちら

万が一の事故修理の際まずはマーキーズにご相談ください

ベンツ修理か売却かお悩みの方へ

マリオットマーキーズ スポンサード レースインフォメーション

並行輸入車整備可能

個人間売買向けメンテナンス車検・名義変更・整備

レンタカーサービス

facebook

twitter

blog

「Gクラスを知り、Gクラスを楽しむ」

専門誌「G-CLASS PERFECT BOOK」にマリオットマーキーズが紹介されました!


各種お問い合わせ

お電話でのお問い合せはこちらから

各種お問い合わせフォーム

必要事項をご入力ください。(必要事項)

板金画像添付フォーム

ご連絡先

●お名前
●ふりがな
●電話番号
●メールアドレス
●お問い合わせ内容




お問い合わせ内容詳細(簡単で構いません)

お車について

車種名・グレード
●こちらからのご連絡
  • 電話を希望する
  • メールを希望する
  • どちらでもよい